カンタンお漬物風おつまみ「甘酢白菜(ラーパーツァイ)」

カンタンお漬物風おつまみ「甘酢白菜(ラーパーツァイ)」

白菜を買ってきても、この季節は鍋やスープに入れて使いがちですよね。そんな白菜の、ちょっと使いにくい芯の部分を使ったおつまみを紹介。シャキシャキ食感がたのしめ、ゴマ油の香りとともにお酒がすすみますよ。作り置きもできるので、週末にまとめて作っておきましょう。

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、焼酎、ハイボール、紹興酒

白菜の芯の部分を使ったおつまみ「甘酢白菜(ラーパーツァイ)」。白菜の芯は、繊維に沿って細切りにすれば、シャキシャキ食感がたのしめ、和えものやサラダにぴったりの食材になります。余談ですが、繊維を断ち切るような細切りにすると、火が入ると、くったりとして甘くなり、味噌汁やスープに適しています。また、そぎ切りや斜め切りにすれば、火の通りが早く、味のなじみもよいため、炒めものに適しています。今回は、繊維に沿って細切りにする、中華料理でおなじみのラーパーツァイを紹介します。ぜひ試してみてください。

【材料/3〜4人分】
白菜…200g ※白菜1/4個の芯の部分を使用
塩…小さじ1/2
すし酢…大さじ4
輪切り唐辛子…少々
ゴマ油…大さじ1

【作り方】
1.白菜は芯の部分を4〜5センチ幅に切り、繊維に沿って7ミリ幅程度の細切りにする。
2.「1」に塩をもみこみ、しんなりさせる。
3.水気をしっかり搾り、ビニール袋にすし酢、輪切り唐辛子といっしょにもんで、30分ほど置く。
4.小鍋でゴマ油を熱し、器に盛りつけた「3」にかけて完成!

【コツ・ポイント】
●ゴマ油を熱してかけるのは面倒という人は、すし酢で漬けこむ際にゴマ油を少々加えてください。
●日本酒に合わせるなら、仕上げに七味唐辛子や山椒をふっても。ビールや紹興酒に合わせるなら、花椒や五香粉をふってもいいですね。
●冷蔵庫で3日ほど作り置きが可能です。箸休め的なおつまみとしてもぜひどうぞ!

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家、フードコーディネーター、フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報