「タルトフランベ風ひとくちおつまみ」は、餃子の皮で作るお手軽ピザ

「タルトフランベ風ひとくちおつまみ」は、餃子の皮で作るお手軽ピザ

【簡単おつまみレシピ】今回は、フランス・アルザス地方のピザ「タルトフランベ」を、餃子の皮を使って簡単に作るレシピで紹介します。クリームチーズに玉ねぎの甘味が加わって、さっぱり、さくさく食べられるおつまみですよ。ビールや日本酒、ワインに合わせるアレンジのコツも参考にして!

  • 更新日:

生地を餃子の皮で。フロマージュ・ブランをクリームチーズで代用するのがポイント

フランス・アルザス地方のピザ「タルトフランベ」をおうちおつまみにアレンジしてみましょう。今回は、簡単&時短レシピなので、ピザ生地は餃子の皮で、フロマージュ・ブランはクリームチーズで代用します。トマトソースで作るピザと違って、さっぱりスナック感覚で味わえるのが魅力。その日に合わせるお酒によって、具を変えてたのしんでみるのもおすすめです。

タルトフランベ風ひとくちおつまみの材料と作り方

【材料/2人分】

餃子の皮…6枚
クリームチーズ…30g
玉ねぎ…1/8個
ベーコン(スライス)…1〜2枚 ※量はお好みでOK

【作り方/10分】

【1】玉ねぎは薄切りにする。ベーコンは細切りにする。

【2】室温に戻してやわらかく、塗りやすくしたクリームチーズを餃子の皮の片面に塗り、その上に玉ねぎ、ベーコンをちらしていく。

タルトフランベ風ひとくちおつまみの材料と作り方

餃子の皮にまんべんなくクリームチーズを塗っていきます。

【3】オーブントースターで7、8分焼いて、軽く焼き色がついたら出来上がり! お好みで岩塩や黒胡椒をふってもおいしいですよ。

【アレンジ】

アレンジするなら、ちりめんじゃこや桜えびをちらした和テイストなタルトフランベを作ってみましょう。こちらは日本酒に合います。

タルトフランベ風ひとくちおつまみの材料と作り方

ちらす具を変えれば、さまざまなお酒に合わせられます。

お酒に合わせた、タルトフランベ風ひとくちおつまみのアレンジ

ビールに合わせるなら

アンチョビや黒胡椒、カレー粉などを気分に合わせて使ってみて。

ワインに合わせるなら

ワインといっしょに食べているいつものチーズを使い、りんごやナッツなどをちらして作ってみても。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家、フードスタイリストとして、テレビや雑誌、新聞、広告などで活躍中。無理や無駄のない、作り手重視の効率的なレシピとスタイリングアイデアが人気となっている。近著は「turkフライパンクックブック」「使いやすい台所道具には理由がある」(共に誠文堂新光社)など。

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事