星のチリワイン「エスト レセルヴァ」を飲みながら流星群を見たい!

星のチリワイン「エスト レセルヴァ」を飲みながら流星群を見たい!

チリワインの名門、サンタ カロリーナの日本限定・星のチリワイン「エスト レセルヴァ」を試してみました。2020年は、8月下旬まで「ペルセウス座流星群」の活動期間で、ピークは8月12日(水) 22時頃だそうです。

  • 更新日:

流星群を眺めながら星のワインを飲むというぜいたく!

流星群を眺めながら星のワインを飲むというぜいたく!

日本限定 星のチリワイン「エスト レセルヴァ」

チリワインの名門、サンタ カロリーナ社の日本限定チリワインを試してみました。コストパフォーマンスの高さに定評のあるチリワイン。ボトル500円くらいで買える超お手頃価格の商品もありますが、この「エスト レセルヴァ」は、参考小売価格1,110円(税抜・2020年8月時点)と、格上のワインです。

ナイトハーヴェストのブドウ(夜11時~朝6時に収穫)で造ったため、豊かな香りと適度な酸を合わせ持つフレッシュ感のある味わい。また、同社の最高醸造責任者が何度も来日し、サントリーと共同で試行錯誤を重ねて仕上げた味わいとのことで、編集部では期待を込めて味わってみました。

エスト レセルヴァ シャルドネの味わいとペアリング

エスト レセルヴァ シャルドネの味わいとペアリング

エスト レセルヴァ シャルドネ

白ワイン、シャルドネを、たのしいお酒.jp編集部のソムリエ2名とソムリエ試験チャレンジ中のメンバーでテイスティング。凝縮したシャルドネをナイトハーヴェストした原料とオーク由来の熟した黄色い果実やバタートーストのような甘い香り、ほどよい酸味とのバランスが取れたボリュームのある味わいです。

グラタン

グラタン

ローストポーク

ローストポーク

樽香と濃密な味わいは、さっぱりとした魚介料理というよりも、魚介ならしっかりと調理・味付けをした、例えばエビ・カニ・サーモンなどを使ったグラタンや、焼き鳥(塩)、ローストポークなどとのペアリングがおすすめです。

エスト レセルヴァ カベルネ・ソーヴィニヨンの味わいとペアリング

エスト レセルヴァ カベルネ・ソーヴィニヨンの味わいとペアリング

エスト レセルヴァ カベルネ・ソーヴィニヨン

こちらもソムリエ2名と見習いでテイスティング。プラムやカシスを思わせる香りに、ほのかにメントールも感じます。しっかりとした果実味でボリューミーですが、ナイトハーヴェストの好影響か、全体を引き締める酸とタンニンのバランスのよい味わいでした。
すでに渋みはまろやかな丸みを帯びて、飲み頃になっています。

ちなみに、3人以上で1時間以内に飲み切ってしまう場合は、デキャンティングしたり、グラスに1杯目を少な目に注いだ後、スクリューキャップをしっかりと閉め、ボトル内のワインが泡立つくらい勢いよく振って混ぜ合わせると、一気に香りが開き、味わいも柔らかく変身します。

ただし、ボトルを振るのは、1時間以内に飲み切る場合、且つ気心の知れたメンバーだけのシーン限定の裏ワザです。

ビーフステーキ

ビーフステーキ

鶏の唐揚げ

鶏の唐揚げ

このカベルネの味わいは、濃厚な果実味、樽香、適度な酸味のバランス。いちばん合わせやすいペアリングは輸入牛のステーキ。ミディアム~少しレア気味の焼き加減で、黒コショウをタップリと振りましょう。

鶏の唐揚げも、とくに醤油やタレ、スパイスで下味をしっかりとつけたタイプが最高です。

「エスト レセルヴァ」には、ここで紹介したほかに、シラーもラインナップされていますが、試飲していないのでコメントは控えます。

「エスト レセルヴァ」シリーズは、ナイトハーヴェストによって適度な酸味があり、ニューワールドワインにありがちなモッサリ感とは一線を画していました。白、赤ともに、しっかりとした味付けをしたお料理といっしょにたのしんでほしい仕上がりでした。

エスト レセルヴァの公式サイトサイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識