箸を持つ手が止まらない、やみつきおつまみ「じゃこピーマン」

箸を持つ手が止まらない、やみつきおつまみ「じゃこピーマン」

ピーマンのおいしさがやみつきになるかんたんレシピ「無限ピーマン」シリーズ。今回は、じゃこといっしょに炒めるメニューを紹介します。そのまま食べても箸が止まりませんが、ごはんと混ぜておにぎりにしたりするのもおすすめ。合わせるお酒によって、自分ならではのアレンジを加えて作ってみましょう。

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、焼酎、ハイボール

ピーマンが無限に食べられる程やみつきになると話題の「無限ピーマン」レシピ。細切りにしたピーマンとじゃこをゴマ油で炒め、醤油で味を調えるだけ! これだけですが、不思議とピーマンがおいしくたくさん食べられる、常備おつまみになります。そのまま食べてもおいしいですが、豆腐にのせたり、〆に焼きそば麺と炒めてピーマン焼きそばにしたり、ごはんと混ぜておにぎりにするのもおすすめですよ。

【材料/2人分】
ピーマン…3個
じゃこ…10g
ゴマ油…小さじ1
醤油…小さじ1

【作り方/7分】
1.ピーマンは種を取り除き、細切りにする。
2.フライパンを中火にかけ、ゴマ油を入れ、ピーマンを炒める。ピーマンがしんなりしてきたら、じゃこを加えて炒める。
3.鍋肌に醤油を回しかけ、さっと混ぜたら出来上がり!

【コツ・ポイント】
●白ワインと合わせるなら、ピーマンにパプリカを加えて色鮮やかに、オリーブオイルで炒めて作ってみましょう。ビールと合わせるなら、バターで炒めて黒胡椒をふってどうぞ。
●ピーマンが苦手な方は、ピーマンをしっかり炒めれば苦味がやわらぎますよ。

おにぎりにすれば、マーブル柄で見た目もかわいいおつまみに。

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報