なつかしい夏の惣菜をおつまみに「ナスのしぎ焼き(ナスの味噌炒め)」

なつかしい夏の惣菜をおつまみに「ナスのしぎ焼き(ナスの味噌炒め)」

夏野菜といって思い浮かぶのは、ナスやピーマンですよね。昨夜の夕飯に使って残ったナスがあったら、どことなくなつかしさを感じるしぎ焼き(味噌炒め)を作ってみましょう。合わせるお酒を選びませんし、作り置きをしておいて、ちょっとおつまみが欲しいときにも便利な一品です。

  • 更新日:

このおつまみに合うお酒は…
ビール、日本酒、焼酎、ハイボール

ナスは夏が旬、お手頃になるのもうれしい野菜です。冷蔵庫にたくさんあったら、なつかしい味わいの味噌炒めにして作り置きしておくと、おつまみもいつものごはんもラクになりますよ。少し夏バテを感じるようなら、さらに豚肉や生姜を加えて作り、おいしく疲労回復につとめてくださいね。

【材料/2〜3人分】
ナス…2本
ピーマン…2個
味噌…大さじ2〜3 ※ナスのサイズによって、味を見ながら量を調整してください
砂糖…大さじ1/2
ゴマ油…大さじ2

【作り方/10分】
1.ナスは一口大の乱切りにする。ピーマンは種を取り除き、乱切りにする。
2.フライパンを中火にかけ、ゴマ油を入れ、「1」を炒める。
3.野菜がしんなりしたら、味噌、砂糖を加え、軽く炒めて出来上がり!

【コツ・ポイント】
●日本酒と合わせるなら、仕上げに千切りにした大葉をたっぷりのせて。ビールに合わせるなら、そして少し夏バテを感じるようなら、材料に豚肉と生姜を加えて作ってもいいですね。

豚肉と生姜を加えれば、ごはんがすすむメインのおかずにも

ライタープロフィール

野口英世

料理研究家・フードスタイリスト

おすすめ情報

関連情報