純米大吟醸酒の旨味を活かした本格梅酒が限定新発売!

純米大吟醸酒の旨味を活かした本格梅酒が限定新発売!

素材や品質に徹底してこだわる梅酒を製造するチョーヤ梅酒株式会社から、紀州産の南高梅を純米大吟醸酒に漬け込んだ新しいタイプの本格梅酒が限定新発売されました。

  • 更新日:

「醗酵の旨味」に着目した新しい本格梅酒

製品の開発にあたり“梅酒の甘味を醗酵の旨味に置き換える”というコンセプトのもと開発を進め、The CHOYAのために特別に仕込んだ「羅生門」純米大吟醸酒に、土づくりからこだわった紀州産南高梅を漬け込みました。

この「羅生門」純米大吟醸酒は、モンドセレクションで30年連続で最高金賞を受賞した田端酒造の純米大吟醸酒で、酒造りに使用する米として最高級品といわれる兵庫県特A地区産の山田錦を使用して醸した逸品です。

美味しさを維持するため、梅酒では珍しい低温チルド流通を採用

本来、梅酒の保存期間は長いのですが、「The CHOYA羅生門」は、酒質が変化しやすい純米大吟醸酒をベースのお酒として使用。安定した美味しさをたのしんでもらうために梅酒では珍しい低温チルド流通で製品を運び、販売店舗でもビールと同じように冷蔵ケース内で販売しています。
購入後は、家庭の冷蔵庫で保存してください。

「The CHOYA羅生門」の味わいは?

純米大吟醸酒をベースリカーとして造られた梅酒に興味を持った「たのしいお酒.jp」の編集部で「The CHOYA羅生門」を購入して試飲しました。
香りが立つようにやや大きめのワイングラスに「The CHOYA羅生門」を注ぎます。

コクのある上品なふくらみと旨味のある味わい

編集部員が感じた味わいは「コクのある上品なふくらみと旨味のある味わい」という感想で一致しました。

ワイングラスを回して空気に触れさせながら香りを確かめると、紀州産南高梅から引き出された上品で熟した梅の香りを感じ、口に含むとふくらみのある旨味とともにほどよい酸味があり、甘さをスッキリと引き締めています。
そして飲んだ後には、よい梅の香りの余韻が口の中に残ります。

冷蔵庫から出したての低い温度より、少し温度が上がってきた頃のほうが香りの立ち方が素晴らしいです。
高級なワインのように「時間の経過による味わいの変化をたのしみながらゆっくり味わいたい」というのが編集部員共通の意見でした。

一般的な梅酒に比べて甘味が少ないため、梅酒だと思って味わうと味わいの強さやインパクトは弱く感じるかもしれません。逆に白ワインや食前酒のような役割で、前述のように
低すぎない温度の梅酒をワイングラスで味わうと、なんともいえない上質さ、満足感が得られ、
希望小売価格 1本1,000円(200ml)という価格にふさわしい品格のある優雅な味わいをたのしめました。
*テイスティングの際の感じ方には個人差があります。

The CHOYA 羅生門

The CHOYA 羅生門

製品情報
◇商品名:The CHOYA 羅生門
◇原材料:純米大吟醸酒、梅(紀州産南高梅)、有機アガベシロップ
◇製造者:チョーヤ梅酒株式会社
◇容量:200ml
◇アルコール度数:12度
◇希望小売価格(税抜):1,000円

おすすめ情報

関連情報