個性あふれるイタリアの有名ワイナリー4選

個性あふれるイタリアの有名ワイナリー4選
出典 : Samot/Shutterstock.com

フランス、スペインと共に、ワイン世界三大生産国のイタリア。気候や土壌の多様性、豊富なブドウ品種など個性的な味わいを生む環境があります。イタリアのなかでも、有名なワイナリーを紹介します。

  • 更新日:

イタリアのワインとは

Ozgur Coskun/ Shutterstock.com

イタリアは、南北約1000㎞に及ぶ国土は山岳、丘陵地帯が多く変化に富み、気候や土壌も多様なため、ブドウ品種や栽培方法などもバラエティに富んでいます。また、1861年まで統一国家でなく、それぞれの地方の文化、歴史が異なるため、ワインに対する感受性やアプローチの仕方も多彩です。このようなことから、イタリアワインの最大の特徴はその多様性にあるといえるでしょう。

イタリアワイン界最高峰、ピエモンテのGAJA(ガヤ)

javarman/ Shutterstock.com

「イタリアワインの帝王」と呼ばれるガヤ。初代ジョバンニ・ガヤ氏がスペインのカタルーニャ地方からピエモンテに移住、1859年にワイナリーを創設して以来、徹底した品質主義のワイン造りを進めてきました。

3代目の代でバルバレスコが高い評価を受けたことによって、イタリアワイン界のトップとしての地位を確立。4代目、現当主のアンジェロ氏はピエモンテの伝統的なワイン造りを守りながら、革新的な設備や技術を取り入れ、世界中から認められる存在となりました。ブドウはすべて自社畑で造られ、悪い年にはワイン自体を造らないという品質主義で、今もなお「帝王」の名をほしいままにしています。

キャンティの歴史ある造り手、マッツェイ家

Samot/ Shutterstock.com

12世紀からワイン造りを行ってきたマッツェイ家は、現在24代目当主フィリッポ・マッツェイ氏とフランチェスコ・マッツェイ氏の兄弟を中心に家族経営で運営しています。

今ではよく知られている「キャンティ」という名は、マッツェイ家によって最初に記録されたのが始まりといわれています。マッツェイ家が手掛けるワイナリー、カステッロ・ディ・フォンテルートリで醸造される「フォンテルートリ・キャンティ・クラシコ」 は、1900年代前半から同じラベルで代々造り続けられており、数々の賞を受賞した輝かしい実績を持つワインです。

バローロの名声を世界に広めたフォンタナフレッダ社

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識