消費量は10年前から4倍以上に! ノンアルコール飲料が人気の理由は安さだけじゃない

消費量は10年前から4倍以上に! ノンアルコール飲料が人気の理由は安さだけじゃない

ビールや焼酎など、いまやすっかりお馴染みとなったノンアルコール飲料。出荷量が10年前の4倍以上となり、幅広く愛飲されるノンアルコール飲料の魅力を改めて探ってみましょう。

  • 更新日:

目次

  • 拡大を続けるノンアルコール飲料市場
  • ノンアルコール飲料の魅力とは?
  • ノンアルコール飲料はこんな人におすすめ!
  • ノンアルコール飲料の注意点

拡大を続けるノンアルコール飲料市場

サントリーが毎年実施している消費者対象の飲用動向調査で、ノンアルコール飲料のニーズや動向について調査結果が最近発表されたのでそれらの一部をご紹介していくとともに、ノンアルコール飲料が人気となっている理由を探っていきます。

まず、サントリーの調査によれば、2018年のノンアルコール飲料市場は約2,209万ケースで対前年103%となっています。2019年には2,265万ケース(対前年103%)と市場が10年前と比較して4倍以上の規模に達すると推定されているようです。まだまだノンアルコール飲料の人気は続きそうですね。

拡大を続けるノンアルコール飲料市場

続いて、1年前と比較したノンアルコールビールテイスト飲料の飲用量変化についての質問では、半数以上(51.6%)が「増えた」と回答。昨年の調査結果と比較しても増加したことが明らかになっています。

1年前と比較したノンアルコールビールテイスト飲料の飲用量変化についての質問

それではなぜ、ノンアルコール飲料はこれほど愛されるようになったのでしょうか。その魅力を改めて探ってみましょう。

ノンアルコール飲料の魅力とは?

普通のお酒と変わらないおいしさ

ノンアルコール飲料は単なるジュースやソフトドリンクと同じ飲み物ではなく、製造法はアルコール飲料とほぼ同じ。過程から酵母菌による発酵を省き、アルコール度数を1%未満に抑えたものとなっています。アルコールの強さや酩酊感こそ味わえないものの、味や香りは普通のお酒とほぼ変わらないものを楽しめます。

実際に今回の調査項目の「1年前と比較して飲用量が増えた理由」でも、「おいしくなったから」を理由に挙げた人が多くを占めています。

おすすめ情報

関連情報