缶でも瓶でも「生ビール」なのは、なぜ?

缶でも瓶でも「生ビール」なのは、なぜ?

  • 更新日:

熱処理ビールVS生ビールの製造工程

「生ビール」というとどんなビールを想像するでしょうか? 樽に入ったビール? 工場から直送? 加熱していないもの?
日本で「生ビール」といわれているビールは、一言でいうと「熱処理をされていない」もの。二次発酵を終えたビールは、品質の変化を防ぐために、ろ過により酵母を取り除くか、または、熱によって酵母活動を留める処理が施されます。ろ過することで、クリアなビールが生まれ、熱処理をすれば保存できる期間がより長くなる傾向にあります。この製造工程時に、熱処理しないビールを「生ビール」と呼んでいるのです。

Marian Weyo/shutterstock.com

日本独自の“生”ビールの基準

日本人のビール好きは、世界でも有数です。毎年、新しい商品が生み出されて人気を博しています。中でも人気なのが「生ビール」。日本では、「ビールの表示に関する公正競争規約」によって「熱による処理(パストリゼーション)をしないビールでなければ、“生ビール”または“ドラフトビール”と表示してはならない」と定められています。これは、日本独自の基準。英語でいうところの「ドラフト」が生の語源ですので、世界の基準とは若干異なります。日本ではビールの苦味や甘味など風味を活かした、独自のおいしさで「生ビール」が楽しめるというわけです。

taa22/shutterstock.com

家でもおいしい生ビールが飲める方法

「熱処理されていない」ビールを「生ビール」と呼ぶことで、日本では缶や瓶などの容器に関係なく、おいしい「生ビール」を家庭でも飲むことができるようになりました。
でも、お店で飲む生ビールのほうが、おいしく感じるのはその場の雰囲気だけではなさそうです。サーバーなどの各種機器を洗浄し常にクリーンに保つ努力やガス圧の調整、樽を開封した後の回転の速さなどが大きく影響しています。また、お客に提供されるときの温度も計算し、グラスにビールが注がれます。

自宅でビールを保存する場合は、高温の場所に置かないこと。香りのバランスをくずし、変色の原因になります。鮮度の高い香りと味をキープし、おいしい生ビールを飲みたいならば暗く涼しい場所に保管を。そして、飲む前に冷蔵庫で冷やすのが、冷やし過ぎずよいバランスでおいしく飲めるコツといえそうです。

Andrey_Popov/shutterstock.com

関連情報