日本酒に特化した認定制度「J.S.A.SAKE DIPLOMA」を発足
出典 : freeskyline /shutterstock.com

日本酒に特化した認定制度「J.S.A.SAKE DIPLOMA」を発足

  • 更新日:

世界に向けて日本酒のプロフェッショナルを育成

ワインにおけるソムリエのような存在を目指し、日本酒に関する専門知識を有するプロフェッショナルのための認定制度が新たに誕生しました。

日本ソムリエ協会では今夏、世界初となる日本酒に特化した認定制度「J.S.A.SAKE DIPLOMA 」を発足させました。この制度は、国際的なアルコール飲料として知られている日本酒を国内外でさらに普及していくために、専門知識やテイスティング技量を有するエキスパートを育成し、日本の食文化をよりいっそう向上させることを目的としています。近年、海外でも日本酒の人気は高く、国税庁のデータによると2016年の清酒の輸出金額は対前年11.2%増の約156億円、輸出数量は前年比8.6%増の約 19,737klと7年連続で過去最高を記録しています。世界の日本酒への関心はますます高まっており、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを機に日本酒の需要はますます加速することが見込まれます。それと同時に、ワインのソムリエのような日本酒のエキスパートの需要が高まる可能性があります。

8月20日(日)には初の認定試験を実施。今後、定期的に認定試験を行っていく他、今後は国際的な認定制度にするため、国際ソムリエ協会・各国在日ワイン振興機関と連携して各国での導入を目指しています。料理に合わせて「J.S.A.SAKE DIPLOMA 」認定のプロフェッショナルたちが選んでくれた日本酒をたのしめる日が来るのが待ち遠しいですね。

日本ソムリエ協会サイト
https://www.sommelier.jp/

認定制度「J.S.A.SAKE DIPLOMA」について
https://www.sommelier.jp/exam/sakewebapp.html

関連情報