焼酎の新たなおいしさ!凍らせて飲むパーシャルショット

焼酎の新たなおいしさ!凍らせて飲むパーシャルショット

  • 更新日:

凍らせて飲む本格焼酎!

アルコール度数の高いお酒を冷凍庫に入れ、凍らせて飲む方法を「パーシャルショット」といいます。水の融点(固体から液体になる温度)が摂氏0度であるのに対してアルコールの融点は、アルコールの度数によって異なります。アルコール度数15度の凍結温度は約マイナス7度、20度で約マイナス11度、40度で約マイナス31℃、60度で約マイナス44.5℃。家庭用冷凍庫の温度はマイナス18度くらいなので、水が凍るのに対してアルコール度数の高いお酒はカチンコチンにはならず、シャリシャリもしくはトロリくらいの状態です。

焼酎の好きな人はアルコール度数40度くらいの本格焼酎を瓶ごと凍らして飲む場合もあるそうですが、パーシャルショット専用の焼酎があるのを知っていますか?

三重県にある宮崎本店が造る「キンミヤ」は、華やかなボトルが目を引く甲類焼酎。このキンミヤにアルコール度数は20度の「シャリキン」という銘柄があります。通常のボトルではなく、90ミリリットルのパウチされた焼酎で、そのままの状態で24時間以上凍らせて飲みます。

パーシャルショットは、シャーベット状なので氷を入れて飲む必要がなく、しかも溶けた後でも薄まりません。涼やかにスッキリ飲みたいですね。

飲み方とアルコール度数の関係

hilight/ Shutterstock.com

シャリシャリの冷たさとスッキリ感を味わえるパーシャルショットですが、飲むときは少し気をつけたほうがいいかもしれません。
パーシャルショットは基本的にアルコール度数の高い焼酎を凍らせて飲みます。凍らせたことでアルコールの香りが和らぎ、飲みやすくなっていますが、アルコール度数の高いお酒を飲んでいることを忘れないようにしましょう。

そのまま飲んでももちろんおいしいですが、ホッピーやソーダなどをプラスして飲むのもおすすめです。ほかに、緑茶やジュースなどで割ってもおいしい! ソーダを入れたパーシャルショットに、大葉と唐辛子を加えれば「金魚」という飲み方になります。大葉を水草、唐辛子を金魚に見立てた飲み方です。涼しげな見た目は、暑い日の一杯にぴったりです。

パーシャルショットは、原酒のほかにアルコール度数の高い泡盛などでもおいしく飲めます。パーシャルショットのアレンジも、ぜひ試してみてください。

関連情報