ウイスキーの種類と特徴を解説

ウイスキーの種類と特徴を解説
出典 : Lukas Gojda/ Shutterstock.com

ウイスキーは種類が豊富なお酒。「ハイボールでよく飲むけれど、じつはどんな種類があるのかわからない」という人も多いのでは? そこで今回はウイスキーの基本を解説。ウイスキーの定義や風味に影響する要素、種類、産地の特徴まで幅広く紹介します。

  • 更新日:

ウイスキーの定義

Evgeny Karandaev/ Shutterstock.com

ウイスキーの細かい定義は国によって異なりますが、一般的には以下の3つの条件を満たすことで「ウイスキー」と名乗ることができます。

◇原料に大麦やライ麦、トウモロコシといった穀類を使っていること
◇糖化、発酵、蒸溜を行って造った「蒸溜酒」であること
◇木製の樽に貯蔵して、熟成させていること

ウイスキーは蒸溜して造られる、アルコール度数の高いお酒です。もろみを加熱してエタノールを蒸発させ、その蒸気を冷やして液体に戻すという蒸溜を行うと、濃縮されたアルコール分が得られます。そのため、瓶詰め前に加水してアルコール度数は調整されているものの、市販のウイスキーの平均的なアルコール度数は40度前後と高くなっています。

なお、ウイスキーのほか、ブランデー、焼酎、ウォッカ、ジン、ラム、テキーラなども蒸溜酒に分類されます。

ウイスキーの香りや味わいに影響を与える5つの要素

Yulia Gust/ Shutterstock.com

ウイスキーの香りや味わいに影響を与えるおもな要素は、水、原料、ピート、蒸溜、樽熟成の5つです。それぞれどのような作用をもたらすのか、確認しましょう。

【水】
ウイスキー造りに使われる水のことを「仕込み水」といいます。仕込み水は、ウイスキーの味わいに大きく影響を与える要素。ミネラルがバランスよく含まれている水で仕込むと、酵母の働きが活発になるといわれています。また硬水や軟水といった水質によっても個性が変わってきます。そのため、蒸溜所を新設する際には、理想的な水源(取水地)を探すことからスタートすることが多いようです。

【原料】
原料の種類や質、収穫地などもウイスキーの個性に関係する要素です。モルトウイスキーは大麦を発芽させた大麦麦芽(モルト)、グレーンウイスキーやバーボンは、トウモロコシや小麦、大麦、ライ麦などを原料に造られます。同じ種類のウイスキーでも、使用する原料が異なれば香りや味わいは違ってきます。

【ピート】
ピートとは、モルトウイスキーの原料であるモルト造りの工程で、大麦麦芽を乾燥させるのに使われる泥炭のこと。ピートの産地や使用量、焚き込む時間などによって、ウイスキーに付与されるピート香が変わってきます。なお、ピートはスコッチウイスキーを特徴づける要素ですが、ほかの国では必ずしも用いられるわけではありません。

【蒸溜】
蒸溜機の種類や形状によっても味わいは違ってきます。一般に、単式蒸溜機(ポットスチル)で蒸溜すると原料の風味が色濃く残る複雑な味わいに、連続式蒸溜機で蒸溜するとライトでクリアな味わいになりやすいといわれています。

【熟成樽】
ウイスキーは熟成樽に貯蔵して、長期熟成させることで完成します。熟成させている間にウイスキーが琥珀色に色づくとともに、樽由来の風味が付与されるため、熟成樽選びはウイスキー造りのなかでもとくに重要な要素といえます。樽(カスク)の材質や、樽の内側の焦がし具合、もともと詰められていたお酒の種類などにこだわることで、多彩なウイスキーが生み出されています。

ウイスキーの種類による原料の違い

barmalini/ Shutterstock.com

ここでは、ウイスキーの種類別に原料の違いを確認しましょう。

モルトウイスキー

モルトウイスキーは、国によって定義が異なりますが、一般的には大麦麦芽(モルト)を原料に、単式蒸溜機を用いて造られます。

世界5大ウイスキーでいうと、スコッチウイスキーやアイリッシュウイスキー、ジャパニーズウイスキーではモルト100%で造る必要がありますが、アメリカンウイスキーでは原料の51%以上に大麦麦芽が使われていればモルトウイスキーとなります。またカナディアンウイスキーには、モルトウイスキーという定義はありません。

「モルトウイスキー」の定義や特徴とは?

グレーンウイスキー

グレーンウイスキーは、トウモロコシやライ麦、小麦などの穀類を主原料に、糖化酵素として大麦麦芽を加え、連続式蒸溜機で蒸溜して造られます。

グレーンウイスキーは軽やかでクセの少ない、穏やかなウイスキーになる場合が多いので、「サイレント(寡黙な)スピリッツ」とも呼ばれます。これに対して個性の強いモルトウイスキーは、「ラウド(声高な)スピリッツ」と呼ばれています。

「グレーンウイスキー」とはどんなウイスキー?【ウイスキー用語集】

ブレンデットウイスキー

モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたものが、ブレンデッドウイスキーです。原料は、大麦麦芽のほか、トウモロコシやライ麦、小麦などの穀類となります。

製法は、複数の蒸溜所のモルトウイスキーをブレンドしたところへ、グレーンウイスキーを加えて造るのが一般的。熟練のブレンダーが、豊富な経験と知識をもとに卓越した技術を集結して造るため、属人的な面があるウイスキーともいえます。

そのため「シングルモルトは風土が造る、ブレンデッドは人が造る」と表現されることもあります。

ブレンデッドウイスキーってどんなウイスキー? 種類や特徴、魅力を知ろう

ライウイスキー

ライウイスキーはライ麦を原料としたウイスキーで、おもにアメリカやカナダで造られています。いずれの国でも、原料の51%以上がライ麦であることと定義されていますが、製法にはそれぞれ別の規定が設けられていることもあり、両国のライウイスキーはまったく異なる表情を持っています。

またアメリカでは、ライウイスキーはそのまま瓶詰めされて販売されていますが、ブレンデッドウイスキーが主流のカナダでは、おもにフレーバリングウイスキーとして用いられています。

「ライウイスキー」はスパイシーな香りが魅力 【ウイスキー用語集】

コーンウイスキー

コーンウイスキーは、トウモロコシを主原料とするウイスキーで、おもにアメリカで造られています。コーンウイスキーと認められるには、原料の80%以上にトウモロコシを使用するという定義に従う必要があります。

一般に、コーンウイスキーの熟成期間には決まりがないため、多くは樽熟成させずに出荷されます。熟成していないコーンウイスキーは、強いアルコール感のあとに、コーン由来の甘味がダイレクトに感じられるのが特徴です。もっとも近年は、樽熟成させた穏やかなタイプのコーンウイスキーも登場しています。

「コーンウイスキー」は「バーボンウイスキー」と何が違う?【ウイスキー用語集】

世界5大ウイスキーとは

GrishaN/ Shutterstock.com

スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本で生産されるウイスキーを総称して「世界5大ウイスキー」と呼びます。近年ではそれらに加えて、新興国のウイスキーも注目されています。おもな特徴を確認しましょう。

スコッチウイスキー

スコットランドで造られるウイスキーのことで、名実ともにウイスキーの筆頭格と呼ばれる存在です。基本的にピートを炊いた大麦麦芽を使用するため、スモーキーフレーバーが香るウイスキーが多いのも特徴です。

アイリッシュウイスキー

アイルランドで造られるウイスキーの総称。「ウイスキーの元祖」といわれるほど古い歴史を持ちます。軽く穏やかな風味で、一般的にピート香がないのが特徴。伝統的な3回蒸溜で造られる銘柄もあります。

アメリカンウイスキー

アメリカで造られるウイスキーの総称。夏の暑さと冬の厳しい寒さに育まれた、独特の甘味を持つのが特徴です。原料や製法の違いによって、「ライウイスキー」や「バーボンウイスキー」「コーンウイスキー」「ホイートウイスキー」「モルトウイスキー」などと細かく分類されます。

カナディアンウイスキー

カナダで造られるウイスキーの総称で、5大ウイスキーのなかでも、とくに軽い風味と酒質を持つのが特徴です。前述のとおり、カナダではブレンデッドウイスキーが主流で、クセの少ない穏やかなタイプが多く、ハイボールやカクテルベースとしても活躍しています。

ジャパニーズウイスキー

日本で造られるウイスキーの総称。豊かな自然環境のなかで造られた、原酒の多彩さが特徴です。スモーキーフレーバーがあり、味わいがソフトなウイスキーと評されることもあります。日本特有のミズナラ樽で熟成させたウイスキーは、オリエンタルな香りが魅力で、世界的にも高く評価されています。

新興産地のウイスキーにも注目

近年、ウイスキーの新興産地としてとくに注目を集めているのが、台湾、インド、フランスの3か国。それぞれの特徴をかんたんに紹介しましょう。

【台湾】
台湾では、これまでのウイキー造りの常識を覆すような、温暖湿潤な環境下でウイスキー造りが行われています。熟成が早く進むことを逆手に取って造られる「カバラン」が世にリリースされると、その完成度の高さに世界中のウイスキー愛好家が驚かされました。

【インド】
インドでは、イギリスの植民地であった19世紀からウイスキー造りがはじまったといわれています。かつては砂糖作りで生じる廃糖蜜を原料としたウイスキーが主流でしたが、近年は「シングルモルトウイスキー」の製造も増加傾向に。なかでも「アムルット」は高く評価されています。

【フランス】
新勢力として勢いを増しているのがフランス。フランスといえばワインというイメージですが、ウイスキーの消費量が世界トップクラスのフランスでは、高い需要を受けて近年ウイスキー造りが盛んになってきています。とくに、コニャック地方で造られる「バスティーユ1789」は、ブドウの風味も感じられる1本で注目されています。


ウイスキーの種類は豊富で、それぞれに多彩な魅力があります。世界5大ウイスキーのほか、近年はさまざまな新興産地で生まれる高品質のウイスキーにも注目が集まっています。機会があればぜひ飲み比べて、産地ごとの違いをたのしんでみてはいかがでしょう。

徹底解説! スコッチウイスキーにはどんな種類がある?
アイリッシュウイスキーの特徴とおすすめ銘柄を紹介
アメリカンウイスキーの代名詞「バーボン」、その特徴や魅力、味わい方までを大解剖
「カナディアンウイスキー」ってどんなウイスキー?【ウイスキー用語集】
甘い香りのジャパニーズウイスキーは初心者も飲みやすいってほんと?

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事