ワインを自宅で熟成するとおいしくなる? 熟成の秘密と道具について

ワインを自宅で熟成するとおいしくなる? 熟成の秘密と道具について
出典 : Anna Volgina / Shutterstock.com

ワインのなかには熟成することで香りや味わいが変化するタイプがあり、デキャンタージュという作業を行うことで風味を高める効果が期待できます。今回は熟成によるワインの変化やデキャンタージュのポイント、抜栓後にワインの熟成を促進できる便利な道具について紹介します。

  • 更新日:

目次

  • 熟成による変化はワインの大きなたのしみ
  • ワインを開かせる方法(飲む前の熟成方法)とは
  • ワインを一瞬で熟成させる!? 注目の道具を紹介

ワインを開かせる方法「デキャンタージュ」とは

飲みごろであると判断したワインでも、栓を抜いてみると、渋味を強く感じたり、熟成が十分でないのではと感じる場合もあるでしょう。

ワインの熟成が十分ではなく、香りが引き出されていない状態を「ワインが閉じている」といいます。抜栓後に「閉じている」ワインを開かせ、香りや味わいを高めるための有効な方法がデキャンタージュです。

デキャンタージュとは、「デキャンタ」と呼ばれるガラスの器にワインを移し替え、空気に触れさせることで酸化を促す作業をいいます。これにより、ワインの香りを開花させるとともに、タンニンの渋味をまろやかにするなどの効果が得られます。また、赤ワインの瓶底に沈殿している澱を取り除く(混ざり込まないようにする)こともできます。

デキャンタージュでおいしくなるワインとそうでないワインの特徴

デキャンタージュはすべてのワインに必要なわけではありません。デキャンタージュに向いているワインとそうでないワインの特徴を知っておきましょう。

【デキャンタージュに適したワイン】
デキャンタージュに向いているワインとしては、以下のようなものが挙げられます。

◇「閉じている」状態のワイン
香りが十分に発せられていない、閉じている状態のワインには、デキャンタージュが有効です。

◇渋味の強いワイン
ボルドータイプのワインなど渋味の強いワインは、デキャンタージュによって味わいをまろやかにすることが期待できます。

◇長期熟成したワイン
長期熟成したワインは澱が沈殿している場合が多いですが、デキャンタージュによって取り除くことができます。


【デキャンタージュに適さないワイン】
以下のようなワインは、基本的にはでキャンタージュは不要です。デキャンタージュによって香りや味わいを損なう可能性もあるため注意しましょう。

◇白ワインやスパークリングワイン
酸味やフレッシュさが魅力で、タンニンや澱もあまり含まない白ワインやスパークリングワインは、一般的にはデキャンタージュは必要ありません。ただし、長期熟成した白ワインなどはデキャンタージュを行う場合もあります。

◇ピノ・ノワールなどの繊細な赤ワイン
ピノ・ノワールのように、あまり渋味が強くなく、繊細な香りや味わいを持つ赤ワインは、香りが飛んだり風味が損なわれたりするのを避けるため、デキャンタージュはあまり行われません。

デキャンタージュのコツと注意点

デキャンタージュは、コツを押さえて正しい手順で行いましょう。澱が見られるワインは、あらかじめボトルを立てて澱を沈めておきます。

【デキャンタ―ジュの手順】
1.ワインを開栓し、ボトルの口を布で拭く。(このとき、なるべくボトルを揺らさないようにする)
2.利き手にワインボトル、もう一方の手にデキャンタを持つ。
3.ボトルの首の辺りをライトで照らして澱が入らないよう確認しながら、ボトルとデキャンタを両方傾け、ワインがデキャンタの側面を流れるようにゆっくりと注ぐ。

なお、デキャンタージュしたワインはすぐに飲まず、熟成期間が長いワインで30分~1時間程度、短いワインで2~3時間程度休ませるようにします。

デカンタ(デキャンタ)でワインの魅力はどう変わる? デカンタージュの目的や効果を知ろう


デキャンタ(デカンタ)の目的や効果は? デキャンタージュの秘密に迫る《シニアソムリエ監修》

ワインを一瞬で熟成させる!? 注目の道具を紹介

Wallenrock/ Shutterstock.com

デキャンティング・ポアラー

デキャンタ―ジュを行うことなく、同様の効果が期待できるアイテムとして、「デキャンティング・ポアラー」があります。「ポアラー(英語でpourer)」は、ワインボトルに装着する注ぎ口を指します。

「デキャンティング・ポアラー」には注ぐときに空気が取り込まれるように側面に小さな穴が開いていて、効率的にワインを酸素に触れさせられる仕組みになっています。

さまざまな種類がありますが、購入する際はワインの口に接着する部分の密閉性が高く、洗浄などの手入れがしやすいものを選ぶとよいでしょう。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事