ウォッカの賞味期限や、正しい保存方法を知ろう!

ウォッカの賞味期限や、正しい保存方法を知ろう!
出典 : S_Photo/Shutterstock.com

ウォッカの賞味期限や保存方法が気になって、ラベルやパッケージなどを調べたことがある人もいるでしょう。ウォッカの賞味期限はどこに表示されているでしょうか? ウォッカをはじめ、アルコール度数の高い蒸溜酒の賞味期限や、正しい保存方法について紹介します。

  • 更新日:

ウォッカのなかでも「スピリタス」の保存には要注意

ウォッカのなかでもアルコール度数が高く、「世界最強のお酒」と呼ばれる「スピリタス」の保存には、とくに注意が必要です。

70回以上も蒸溜を繰り返し、加水することなく瓶詰されるスピリタスのアルコール度数は、なんと約96~98度。これは燃料用アルコールと同程度で、引火しやすい危険性があります。

実際、タバコの火で引火したという事故もあったそうだので、スピリタスを保存する際は、くれぐれも火の気に注意したいものです。

ウォッカ以外の蒸溜酒の保存方法

ウォッカと同じ蒸溜酒であるウイスキーや焼酎は、どう保存すべきでしょうか? これらもウォッカと同様に賞味期限がなく、未開封のまま、正しい状態で保存すれば、長期にわたって品質を保つことができます。

保存する際のポイントは、やはり高温多湿と直射日光を避けること。光が届かず、温度変化の少ない冷暗所での保存を心掛ければ、いつまでもおいしくたのしむことができるでしょう。

焼酎には賞味期限がある? 正しい保存方法は?


ウイスキーに賞味期限はない?!開封したら冷蔵庫保存? 常温でいいの?

ウォッカを保存するなら冷蔵庫?それとも冷凍庫?

nioloxs/ Shutterstock.com

ウォッカを冷蔵庫で保存する理由

ウォッカは未開封であれば常温保存でも問題ありませんが、一度開封した場合は、味や香りが飛んでしまわないよう、早めに飲むか、冷蔵庫などでの保存したほうが安心できます。

バーなどでウォッカを保存する際は、冷蔵庫で冷やしておくのが一般的です。これは、冷やしておくことで氷が溶けにくくなり、カクテルにした際に薄まらないようにするためです。

ウォッカを冷凍庫で保存するとどうなる?

ウォッカを保存する際に、冷蔵庫ではなく、あえて冷凍庫でキンキンに冷やす場合もあります。アルコールは水よりも融点が低く、氷点下でも凍りません。たとえばアルコール度数40度の場合、凍らせるにはマイナス40度まで温度を下げる必要があります。

ウォッカを冷凍庫に入れておくと、凍るのではなく、とろみが出て舌触りがよくなり、また新たなおいしさに出会えます。極寒の地で生まれたお酒だけに、氷点下以下に冷やすことで、「本場の味」をたのしむ気分になれるかもしれません。

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事