アイスワインは最高峰の甘口ワイン! おすすめの飲み方や銘柄を紹介

アイスワインは最高峰の甘口ワイン! おすすめの飲み方や銘柄を紹介
出典 : Scherbinator / Shutterstock.com

アイスワインは自然凍結したブドウから造られる甘口のワインです。芳醇な甘さと豊かな香りを持ち希少性の高いアイスワインは、最高峰のデザートワインといわれています。今回は、アイスワインの特徴や飲み方のポイント、生産国ごとの特徴や代表銘柄などを紹介します。

  • 更新日:

目次

  • アイスワインとは?
  • アイスワインのおいしい飲み方
  • アイスワインの生産国と代表銘柄

ドイツのアイスワイン

アイスワインの発祥国ドイツにおいてもカナダ同様、アイスワインの製造には厳しい基準が定められています。ドイツのアイスワインで使用されるブドウ品種はリースリングが主流で、華やかな香りと豊かな酸味が魅力です。ドイツのアイスワインは、ほかの国と比べアルコール度数がやや低いのも特徴となっています。

ドイツ産のアイスワインとしてはドクター・ローゼン醸造所による「リースリング・アイスヴァイン」などが有名です。

なお、近年は温暖化の影響により、ドイツのアイスワイン生産は困難な状況となっています。そのため、いっそう希少性が高まっているといえるでしょう。

オーストリアのアイスワイン

オーストリアのアイスワインは、グリューナー・ヴェルトリーナーやトラミナー、リースリングなどのブドウ品種から造られます。オーストリアのアイスワインは、ドイツ産と比べて力強くボリューム感のある味わいなのが特徴です。

オーストリアでも、ドイツ同様、温暖化の影響によりアイスワイン生産は困難になってきています。代表的な銘柄としては、シュロス・ゴベルスベルグによる「グリューナー・フェルトリーナー アイスワイン」が挙げられます。



アイスワインは、芳醇な甘さと華やかな香りがたのしめる極上のデザートワインです。アイスワインを飲む際は、温度やグラスに注ぐ量、ペアリングなどを意識して、ゆっくり味わいたいですね。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識