「泡盛」ってどんなお酒? 定義や特徴、代表銘柄を知ろう

「泡盛」ってどんなお酒? 定義や特徴、代表銘柄を知ろう
出典 : akiyoko/Shutterstock.com

沖縄を代表する名産品・泡盛は、琉球王朝時代からたのしまれてきた蒸溜酒です。酒税法上は焼酎に分類されますが、どのような特徴を持つお酒なのでしょうか? ここでは泡盛の定義や味わい、一般的な焼酎との違い、泡盛の代表的な銘柄などを幅広く紹介します。

  • 更新日:

そもそも、「泡盛」とは?

そもそも、「泡盛」とは?

VECTORWOW/ Shutterstock.com

「泡盛」の定義とは?

泡盛は、琉球諸島で伝統的に造られている蒸溜酒です。芋・麦・米焼酎といった一般的な焼酎よりも長い歴史を持つお酒ですが、酒税法上は「焼酎(本格焼酎)」のカテゴリに分類されています。そのため、多くの泡盛は酒税法の「焼酎(単式蒸溜焼酎)」の定義に従い、「単式蒸溜機」で蒸溜して「アルコール度数45度以下」になるように造られています。

しかし、これはあくまで酒税に関わる定義であって、泡盛自体に法的な定義があるわけではありません。

なお、国税庁のサイトには、「沖縄県の伝統的な焼酎で、黒麹菌で造った米麹のみを原料としているため、香味成分が多く濃醇な味わいがあります。長期貯蔵(3年以上)したものは、クース(古酒)と呼ばれています」と記載されているため、これを泡盛の定義と見ることもできます。

「泡盛」の呼称について

「琉球泡盛(泡盛)」は、世界貿易機関(WTO)のトリプス協定によって「地理的表示・産地呼称」が認められている、日本が世界に誇るお酒のひとつです。本格焼酎ではほかに、「壱岐焼酎」「球磨焼酎」「薩摩焼酎」が認定されています。

また、日本国内においては、国税庁の公示によって、平成16年より沖縄県産の泡盛に「琉球泡盛」と表示することが認められています。じつは、泡盛には地域を限定する法的な定義がないため、沖縄以外で造っても製法が同じであれば泡盛と名乗ることができます。そのため、沖縄の名産品である泡盛を保護する目的で、「琉球泡盛」の表示が国税庁長官によって認定されたのです。

「泡盛」の味わいの特徴

泡盛は、原料由来の香味成分が豊かで、濃厚な味わいのあるお酒です。なかでも甕(かめ)などで3年以上貯蔵・熟成させて造られる長期熟成酒「クース」は、熟成されたまろやかな味わいが魅力で、多くの人に好まれています。

また、ひとことで「泡盛」といっても味わいの幅は広く、沖縄本島のなかでも北部や中部、南部で特徴が違います。当然、久米島や宮古島、波照間島といった島によっても、気候や水などの特徴が異なるため、地域ごとに個性豊かな泡盛をたのしめます。

「泡盛」と一般的な焼酎との違い

「泡盛」と一般的な焼酎との違い

kitsune05/ Shutterstock.com

「泡盛」と一般的な焼酎のおもな違い【原料編】

泡盛に使われる原料は、一般的な焼酎とは異なります。

一般的な焼酎の発酵に用いられる麹は「白麹」や「黒麹」、「黄麹」など銘柄によってさまざまですが、泡盛では「黒麹」を用いるのが定番です。黒麹には、クエン酸を多く生成して雑菌の繁殖を防ぐ働きがあり、高温多湿の亜熱帯海洋性気候に属する沖縄の酒造りに適しています。そのため、古くから「黒麹」が使われてきました。

また、泡盛造りで欠かせないのがタイ米です。粘りの強い国産米よりも、硬質なタイ米は黒麹菌が繁殖しやすく、よい種麹を造ることができます。泡盛らしい独特の風味も、タイ米だからこそ生まれるもの。「クース」を造る場合も、国産米よりタイ米で仕込んだ泡盛のほうがおいしく熟成できるといわれています。

「泡盛」と一般的な焼酎のおもな違い【製法編】

泡盛は、一般的な焼酎とは異なる製法で造られています。

焼酎造りでは通常、仕込みの工程を2回に分けて行いますが、泡盛の仕込みは1回のみ。原料のタイ米、黒麹、酵母、水を一度に仕込む「全麹仕込み」という方法で仕込まれます。

これは、雑菌が繁殖する前に発酵を終わらせ、なるべく早く次の蒸溜工程へ移るためで、高温多湿の沖縄ならではの造り方といえます。

「泡盛」と一般的な焼酎のおもな違い【貯蔵編】

泡盛では、「クース」を造る際に「仕次ぎ」という手法を使うのも特徴的です。「仕次ぎ」とは、貯蔵している古酒に少しずつ若い酒を継ぎ足しながら熟成を促す方法で、昔は一般家庭でも広く行われていました。

泡盛は「寝かせれば寝かせるほどおいしくなるお酒」といわれていて、1年に1度ほどの「仕次ぎ」を繰り返していくことで、20年、30年、なかには100年と長期間寝かせることが可能になります。

対して、一般的な焼酎の古酒では「仕次ぎ」は行われません。樽や甕などの容器に入れて貯蔵庫に運んだら、そのまま寝かせます。

なお、長期間熟成酒のことを「古酒」といいますが、一般的な焼酎では「こしゅ」と呼ぶのに対し、泡盛では「クース」と呼ぶことも大きな違いでしょう。

泡盛の代表銘柄

泡盛の代表銘柄

successo images/ Shutterstock.com

泡盛の代表的な銘柄

泡盛は、造られている地域や蔵によって、バラエティに富んだ味わいをたのしめるお酒です。そのなかから、いくつか代表的なものを紹介しましょう。

【久米仙(くめせん)】
「一歩進んだ泡盛造り」をめざす沖縄本島の久米仙酒造が、創業当時から造り続けている代表銘柄。なかでも「久米仙 25度」は、甘くさわやかな香りとフルーティな味わいが魅力で、料理との相性も抜群です。ほかにも、まろやかな風味の「クース」やアルコール度数を抑えた「久米仙20度」も人気があります。

沖縄の焼酎(泡盛)【久米仙(くめせん)】「一歩進んだ泡盛造り」の代表銘柄

【残波(ざんぱ)】
沖縄本島の残波岬付近に蔵を構える比嘉酒造の代表銘柄。昭和50年代に誕生した「残波」は、国内外で高く評価されている泡盛で、スッキリした飲みやすさに特徴があります。人気の定番酒は、「残波ホワイト25度」「残波ブラック30度」で、それぞれ「ザンシロ」「ザンクロ」と呼ばれて親しまれています。

「残波(ざんぱ):比嘉酒造」は世界で評価される、飲みやすい琉球泡盛

【瑞泉(ずいせん)】
沖縄本島の首里城周辺に蔵を置く、瑞泉酒造の代表銘柄。銘柄名にも由来する、かつて首里城内にこんこんと湧き出ていた泉のように、清冽で芳醇な味わいが魅力です。長期熟成の「クース」をはじめ、新酒とクースを混ぜたものなど、さまざまな味わいの泡盛が揃っています。

沖縄の焼酎(泡盛)【瑞泉(ずいせん)】琉球時代からの伝統と技が育む酒

【白百合(しらゆり)】
石垣島の中心エリアに蔵を構える、池原酒造の代表銘柄。芳醇な香りと、さわやかですがすがしい甘味が特徴です。アルコール度数は30度と泡盛にしては低めなので、飲みやすさもあります。定番のものに加え、甕でじっくり熟成させた「クース」も人気です。

沖縄の焼酎(泡盛)【白百合(しらゆり)】昔ながらの伝統が醸す手造り泡盛

【どなん】
与那国島にある日本最西端の蔵元、国泉泡盛の代表銘柄。琉球王朝時代から受け継がれてきた伝統的製法で造られている泡盛で、強い香味と独特な味わいに特徴があります。なかでも、与那国島だけに製造が認められているアルコール度数60度の「花酒」が人気ですが、酒税法上は泡盛ではなくスピリッツに分類されています。

沖縄の焼酎(泡盛)【どなん】日本最西端の与那国島を代表する伝統の泡盛

泡盛の飲み方

泡盛はアルコール度数の高いお酒なので、ストレートで飲まれることはほとんどありません。最後に、泡盛のおもなたのしみ方を紹介しましょう。

◇ロック
泡盛らしい風味をたのしむならロックがいちばん。琉球グラスで飲めば、さらに気分が高まります。

◇水割り
泡盛を水で割ると香りや味わいが穏やかになるので、ビギナーでも飲みやくなります。なお、水割りを作るときは、泡盛と水の割合を1:1にするのがおすすめ。それから割合を変えて、好みの味わいを探してみるとよいでしょう。

◇お湯割り
お湯割りは香りが際立つ飲み方です。お湯割りを作るときは、お湯を入れたあとに泡盛を注ぐのがポイント。そうすることで、よくなじんでまろやかな風味をたのしめます。

◇カクテル
泡盛、炭酸水、沖縄産のシークァーサーやマンゴーなどで造るカクテルも、おいしい飲み方として人気です。


泡盛(琉球泡盛)は沖縄を代表する名産品であり、日本が世界に誇るお酒です。悠久の歴史に想いを馳せながら、まろやかで深いコクのある泡盛を、さまざまな飲み方でじっくりとたのしんでみてはいかがでしょうか。

「泡盛」ってどんなお酒? 原材料や製法から見えてくる魅力【焼酎用語集】

沖縄が世界に誇る「泡盛」の魅力を大解剖!

泡盛のおいしい飲み方は多種多様、いろいろと試してみよう!

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事