ウイスキーのシングルって何を意味するの?バーカウンターでスマートにオーダーするためのあれこれをご紹介

ウイスキーのシングルって何を意味するの?バーカウンターでスマートにオーダーするためのあれこれをご紹介
出典 : olgakimphoto/ Shutterstock.com

バーカウンターに腰掛けて「ウイスキーのロック、シングルで」と、スマートにオーダーしてみたいですよね。でも、シングルが何を意味するのかよく知らない、という人もいるかもしれません。今回は、ウイスキーのシングルの量や関連する雑学、飲み方まで紹介します。

  • 更新日:

ウイスキーのシングルってどんな意味?

ウイスキーのシングルってどんな意味?

bogdanhoda/ Shutterstock.com

シングルとはウイスキーの量のこと

シングルとは、グラスに注ぐウイスキーの量のことです。日本では基本的に、シングルの量は約30ミリリットルとされています。しかし、「シングル」と一言でいっても、容量が統一されているわけではなく、お店によって多少の違いがあります。

また、国によってもシングルの量は異なります。たとえばイギリスでは、以前は地域差がありましたが、現在は法律で定められた25ミリリットルか35ミリリットルで提供されています。またアメリカでは、約30ミリリットルまたは約45ミリリットルとするところが多く、お店によってシングルの量は異なります。

ウイスキーの量を表すおもな単位を比較

ウイスキーの量を表す単位はシングル以外にもあります。シングルの量と比べてみましょう。

◇シングル
約30ミリリットル(1オンス)。

◇ダブル
約60ミリリットル(2オンス)。

◇ジガー
約45ミリリットル(1.5オンス)。

なお、オンスは、アメリカやイギリスなどおもに海外で使用されている単位です。

すべての単位を正確に覚える必要はありませんが、さまざまな単位があることを頭の隅に置いておくとよいでしょう。

「ウイスキーをダブルで」シングルとダブルの実際の量を知っていますか?

ウイスキーのシングルにまつわる雑学

ウイスキーのシングルにまつわる雑学

namtipStudio/ Shutterstock.com

ウイスキーの量の簡便な量り方「ワンフィンガー」

ウイスキーの量を表す際、なぜシングルやダブルといった表現を使うのでしょうか。これには昔ながらの測定法が関係しています。

1400年代ころ、イギリスでは指の幅(深さ)を使ってウイスキーの量を計っていました。グラスをテーブルに置き、指をあてて底から指1本分を「ワンフィンガー(シングル)」、指2本分を「ツーフィンガー(ダブル)」としていました。これが、シングルとダブルの呼び方に由来しているといわれています。

なお、ワンフィンガー(約30ミリリットル)、ツーフィンガー(約60ミリリットル)も、ウイスキーの量を表す単位といえるでしょう。

ウイスキーのシングル=1ショット?

ウイスキーの量を表す単位として「ショット」も挙げられます。ショットとは、もともとアメリカで強いお酒を一杯ひっかけることを、弾丸や発射を意味する「ショット(shot)」と表現していたことが始まりだといわれています。

1ショットは、ショットグラスの容量に合わせて、30~90ミリリットルとするところが多いようです。なお、ショットグラスとは、強いお酒をストレートで飲むときに用いるグラスのことで、「ストレートグラス」とも呼ばれます。

ショットの量も明確に定められているわけではなく、お店や国によって異なります。1ショット=シングル(約30ミリリットル)の場合もあれば、それ以上のことも。そのため、ショットというときは具体的な容量を表す単位というよりも、「ハードリカー(強いお酒)のショットグラス一杯分」といったニュアンスで捉えられています。

ウイスキーのショットの容量ってどれくらい?

まったく別の意味で使われる「シングル」

ウイスキーに興味のある人は、「シングル」という言葉がお酒の量を表す単位としてではなく、別のシーンで使われているのを見かけたことがあるでしょう。そう、コアなファンも多いといわれるスコッチウイスキーの「シングルモルト」です。

シングルモルトとは、「単一の」蒸溜所で造られたモルトウイスキーのこと。ウイスキーにおける「シングル」という言葉は、容量を示すものだけではなく、「単一の」といった意味でも使われているのです。

「シングルモルト」はなぜ人気があるの? 【ウイスキー用語集】

ウイスキーのシングルモルトをロックでたのしもう

ウイスキーのシングルモルトをロックでたのしもう

Rimma Bondarenko/ Shutterstock.com

シングルモルトウイスキーとは

先ほども紹介したように、シングルモルトウイスキーとは「単一の」蒸溜所で造られたモルトウイスキーのこと。ほかの蒸溜所で造られたウイスキーとブレンドせずに造られるため、蒸溜所ごとの個性が出やすいのが特徴です。

とくに、スコットランドのシングルモルトウイスキー(スコッチウイスキー)は、同じ大麦麦芽を原料としていても、蒸溜所のある地域の気候風土や使用する水、樽や貯蔵期間などさまざまな要素によって個性豊かな味わいをたのしめるのが魅力です。

シングルモルトウイスキーをロックで飲む魅力

同じ味わいは2つとない、と評されるスコットランドのシングルモルトウイスキー。個性をたのしむためにストレートで飲む人も多いですが、銘柄によっては、クセが強くて飲みにくいと感じることもあるでしょう。

そんなときは、ロックで飲むのがオススメです。ロックにすることで味わいがまろやかになり、ウイスキーのアルコールによる刺激も適度に抑えられて、グッと飲みやすくなります。

シングルモルトウイスキーをロックで飲むときのコツ

ロックは、ロックグラスに大きめの氷を入れて、ウイスキーを適量注いで飲むシンプルな飲み方です。作るときのポイントは、グラスをよく冷やしておくことと、ロックグラスのような大きめの氷を使うこと。そうすることで、氷が必要以上に溶けてウイスキーの味が水っぽくなるのを防げます。

シングル一杯を飲み切る時間はおよそ10~15分。氷が溶けて水割りのようになる前に飲み切るのが、おいしくたのしむポイントです。

また、ロックを飲むときは、ミネラルウォーターなどのチェイサーも用意しましょう。

同じ「シングル」という言葉でも、使うシーンや目的によってその意味合いが異なります。「シングル」の意味を理解してうまく使いこなせれば、バーに行くのがよりいっそう、たのしみになるかもしれませんね。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識