日本酒の人気銘柄で大人のデザートを作ろう!簡単に作れる日本酒ゼリーのレシピをご紹介

日本酒の人気銘柄で大人のデザートを作ろう!簡単に作れる日本酒ゼリーのレシピをご紹介
出典 : funny face/ Shutterstock.com

日本酒ゼリーを食べたことはありますか? 近年、日本酒の人気銘柄で造られたゼリーが話題になっていますが、じつは自宅でも手軽に作ることができます。大人味のゼリーは、お酒好きな人にも喜ばれます。今回は日本酒ゼリーの魅力と作り方を紹介します。

  • 更新日:

日本酒ゼリーの魅力

日本酒ゼリーの魅力

kariphoto/ Shutterstock.com

日本酒ゼリーは大人のデザート

日本酒ゼリーは、その名のとおり、日本酒を使って作る大人味のデザートです。フルーティーな香りとほんのり甘い味わいが人気で、日本酒好きをはじめ、多くの人にたのしまれています。

日本酒ゼリーには、基本的にはアルコール分が含まれていますが、アルコール度数が低いので、あまりお酒が強くない人でもたのしめるのが魅力です。

お酒を使ったゼリーには、日本酒ゼリーのほかに、ビールゼリーや焼酎ゼリー、泡盛ゼリーなどもあり、「ゼリーでも、お酒の本格的な味わいがたのしめる」と、愛飲家の間で注目されています。

ビールゼリーとは? アルコールが苦手な人でもたのしめる魅力

日本酒ゼリーは、各地の銘酒を気軽に味わえる

日本酒ゼリーのなかでも、蔵元とそれぞれの地元のお菓子メーカーがコラボした商品が話題を呼んでいます。

たとえば、京都の洛中の蔵元、佐々木酒造の人気銘柄「聚楽第(じゅらくだい)」と、地元企業「たにぐち」がタッグを組んだ地酒ゼリーは、果実のような吟醸香が広がる、やわらかで瑞々しいゼリーです。精米歩合38%まで磨いた山田錦を使用した、贅沢な「聚楽第」の日本酒ゼリーは、贈り物としても喜ばれています。

このほか、昔からの酒どころで知られる秋田県の「銘酒物語」や、若手蔵の台頭が著しい栃木県の「蔵めぐり」などは、人気銘柄のゼリーをセットにした商品で、地域全体を盛り上げる名産品として注目されています。

美酒王国・秋田のお酒がゼリーになった 「ほろよい酒ゼリー」

日本酒ゼリーの基本のレシピとたのしみ方

日本酒ゼリーの基本のレシピとたのしみ方

indigolotos/ Shutterstock.com

日本酒ゼリーの基本の作り方

日本酒ゼリーの基本的な作り方を見ていきましょう。

【基本の材料】

◇日本酒
◇粉ゼラチン
◇水
◇グラニュー糖
◇レモン果汁(またはレモンスライス)

<ポイント>
日本酒は、香りのよい吟醸酒か甘口タイプがおすすめです。粉ゼラチンは、ふやかさずに使えるタイプなら時間短縮できます。水は、日本酒の1.5~3倍量が目安です。

【作り方】

ボウルに粉ゼラチンを入れ、水でふやかしておきます。小鍋に日本酒・水・グラニュー糖・レモン果汁を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして1~2分ほど煮切ります。火を止め、ふやかしておいたゼラチンを加えて混ぜ合わせます。粗熱が取れたら容器に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めればできあがり。

日本酒ゼリーのアルコール度数の調整方法

前述のとおり、材料の日本酒と水のおすすめの割合は、1:1.5~3くらいです。この比率でアルコール度数を計算すると、一般的な日本酒のアルコール度数は15~16度程度なので、水の量を1.5倍量にすれば約6度、3倍量にすれば4度くらいになります。

なお、火にかけて煮切る工程があるので、実際はこれよりもアルコール度数は低くなります。それでもアルコール分が気になる場合は、煮切る時間を長めにすれば、よりアルコールを飛ばすことができるでしょう。

このように、アルコール度数は水の量や煮切る時間で調整できますが、あまり水の量を多くしすぎたり、長く火にかけすぎたりすると、せっかくの日本酒の風味が失われてしまう可能性があるので注意が必要です。

日本酒ゼリーをアレンジしてたのしむ

日本酒ゼリーはフルーツとの相性も抜群。カットしたフルーツと一緒に冷やし固めれば、見た目も華やかに仕上がります。とくに、桃やマンゴーなど甘味のあるフルーツが合うので、試してみてください。

それから、水の代わりにジュースを使うのも手。日本酒とゼラチンとジュースを混ぜて冷やし固めるだけで、カラフルな日本酒ゼリーが作れます。また、手軽にアレンジをたのしむなら、できあがった日本酒ゼリーに、フルーツソースやジャムなどをトッピングするのもおすすめです。

番外編で、日本酒ゼリーは冷蔵庫で冷やしてふるふるとした食感をたのしむものですが、冷凍してシャーベットのようにしてもおいしくいただけますよ。

アルコールフリーの銘柄で作る日本酒ゼリー

アルコールフリーの銘柄で作る日本酒ゼリー

kitsune05/ Shutterstock.com

日本酒ゼリーはノンアルコールでもおいしい!

近年、お酒業界ではアルコールフリー飲料の開発に力を入れていて、その流れは日本酒にも波及しています。つまり、ノンアルコールの日本酒を使うことで、かんたんにアルコールフリーの日本酒ゼリーが作れるのです。

アルコールフリーの日本酒ゼリーなら、お酒は好きだけど飲めない事情のある人や、お酒に弱いけど日本酒気分を味わってみたいという人もたのしめるでしょう。

日本酒ゼリーにしたいノンアル日本酒

ノンアルコール日本酒テイスト飲料は、銘柄によって味わいが大きく変わります。2020年8月現在で市販されているもののうち、2銘柄を紹介しましょう。

【月桂冠スペシャルフリー】

月桂冠から2019年に発売になった、ノンアルコール日本酒テイスト飲料。大吟醸の香味をイメージし、フルーティーでコクのある味わいに仕上げられています。アルコール分だけでなく、糖質やカロリーも限りなくゼロに近づけて造られているのも魅力です。
豊かな香りと甘味のある味わいなので、ゼリーにもピッタリ。柑橘系の果汁を隠し味に入れると味が引き締まります。

販売元:月桂冠株式会社
公式サイトはこちら

【零の雫(ゼロのしずく)】

2012年発売の「零の雫」は、石川県金沢の老舗蔵、福光屋が手がける、ノンアルコール日本酒テイスト飲料のパイオニア的商品。麹と乳酸菌、酵母による発酵を経て造られた「純米酒」テイストで、米の旨味とふくらみをたのしめます。
発酵による酸味が感じられるので、日本酒ゼリーを作るときは砂糖で甘味を足すか、トロピカルなフルーツと合わせるとよいでしょう。

販売元:株式会社 福光屋
公式サイトはこちら

ノンアルコールの日本酒が気になる!

日本酒ゼリーは、のどごしがよくつるんとした食感の大人のデザートです。日本酒の風味もたのしめるので、日本酒好きな人だけでなく、日本酒に挑戦してみようという初心者さんにもおすすめですよ。

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識