霧島の名水で丁寧に仕込む佐藤酒造の焼酎【焼酎用語集】

霧島の名水で丁寧に仕込む佐藤酒造の焼酎【焼酎用語集】
出典 : jazz3311/Shutterstock.com

佐藤酒造は、鹿児島県霧島市牧園町にある焼酎蔵元。焼酎「佐藤」はプレミアム焼酎ともいわれ、焼酎ファンに愛され、求められ続けている大人気銘柄です。そんな佐藤酒造の焼酎造りや、代表銘柄について紹介します。

  • 更新日:

佐藤酒造は霧島連山のふもとに位置する創業100年を超える蔵元

佐藤酒造は霧島連山のふもとに位置する創業100年を超える蔵元

leungchopan/ Shutterstock.com

思いを大切にした焼酎造りを行う、老舗蔵元

佐藤酒造は、鹿児島県の姶良郡加治木町にて1906年(明治39年)に創業しました。終戦に伴い、加治木町から牧園町へ移転。霧島連山のふもとに蔵を構えます。その後、一時休業していたこともありましたが、1984年(昭和59年)に復活。鹿児島の歴史や蔵、焼酎を支えてきた人々の思いを大切にし、敬意を払い、焼酎を造り続けています。

おいしさの秘密は、霧島の水

佐藤酒造の代表銘柄「佐藤」には、霧島山麓に湧き出る「関平鉱泉水」が使われています。“天下の名水”と名高いその温泉水は、国内有数の天然水で、シリカ、バナジウムなどのミネラルを豊富に含んでいます。
源泉から川へと流れ出す温泉水は、無色のはずなのに青く輝いて見えるのが特徴。この名水を仕込みに使うからこそ、サツマイモや麦などの素材の味が引き出され、旨味に繋がっていくのです。

佐藤酒造の焼酎は黒麹と白麹の二種の仕込みがある

佐藤酒造の焼酎は黒麹と白麹の二種の仕込みがある

PaeJar/ Shutterstock.com

しっかりした力強さのある、黒麹仕込み

「佐藤」には芋焼酎と麦焼酎とがあり、黒麹で仕込まれた芋焼酎が、「佐藤 黒」です。原料の芋には「黄金千貫(コガネセンガン)」という品種を使用しています。黒麹仕込みならではの独特な力強さと濃厚なコクが特長で、飲みごたえがあります。コガネセンガン特有の香りと甘さが感じられ、素材本来の旨味を堪能できる1本です。

飲みやすさがうれしい、白麹仕込み

白麹で仕込まれた芋焼酎「佐藤 白」は、しっかりとしたボディの「佐藤 黒」とは対照的に、口当たりはやわらかくスッキリしていて、味わいはマイルド。芋は同じコガネセンガンを使用していますが、「佐藤 白」はおやだかで素直な甘さが感じられます。そのためとても飲みやすく、芋焼酎初心者にうってつけかもしれません。「佐藤 黒」と飲み比べてみるのもよいでしょう。

また、麦焼酎「佐藤 麦」も白麹で仕込まれる焼酎です。無ろ過で造られているため、麦本来の風味もしっかりと感じられます。やさしい甘さが特徴の「佐藤 麦」も、ぜひためしてみてください。


鹿児島の焼酎【佐藤(さとう)】芋焼酎3Mに匹敵する、プレミアム級の味わい

佐藤酒造の毎年仕込む酒「あらあらざけ」にも注目

佐藤酒造の毎年仕込む酒「あらあらざけ」にも注目

successo images/ Shutterstock.com

佐藤酒造の「あらあらざけ」とは?

佐藤酒造の代表銘柄にはもうひとつ、「あらあらざけ」という焼酎があります。これは、無ろ過・無調整で、ほぼ蒸溜したてをそのまま瓶詰めしたもの。フレッシュな新酒だからこそ味わえる、飲んだときのインパクトと清涼感が魅力です。
毎年仕込まれていますが、限られた本数しか造られないため、貴重な存在として知られています。

「あらあらざけ」のラインナップ

「あらあらざけ」には、「新原酒 黒麹 あらあらざけ」と「新原酒 白麹 あらあらざけ」の2種類があります。「新原酒 黒麹 あらあらざけ」はやはり黒麹ならではの力強さがあり、荒々しくも旨味があります。
それに対して「新原酒 白麹 あらあらざけ」は、白麹仕込みらしいスッキリした飲み口。こちらも飲み比べてみるとおもしろそうです。

鹿児島の歴史や人々の思いを大切にし、鹿児島の名水を使った焼酎造りを続ける、佐藤酒造。そんな蔵が造る希少な焼酎を味わいながら、込められた信念に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

製造元:有限会社佐藤酒造
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識