「初垂れ(はなたれ)」って何? 贅沢で希少な焼酎といわれる理由【焼酎用語集】

「初垂れ(はなたれ)」って何? 贅沢で希少な焼酎といわれる理由【焼酎用語集】
出典 : Wako Megumi/ Shutterstock.com

「初垂れ」という贅沢なお酒を味わったことがありますか? 「初垂れ」とは、焼酎の蒸溜段階でほんの少ししか抽出されない希少価値の高い原酒のこと。ここではその特徴を解説しながら、魅力にフォーカスします。

  • 更新日:

「初垂れ」は焼酎好き垂涎の希少酒

「初垂れ」は焼酎好き垂涎の希少酒

Jake Hukee/ Shutterstock.com

「初垂れ」とは

「初垂れ」とは、焼酎の蒸溜段階で最初に抽出される原酒のこと。特定の銘柄に限ったものではなく、どんな焼酎にも「初垂れ」は存在しますが、全体のわずか数パーセントしか採れないため、かつては蔵人だけが味わうことができる幻の焼酎と考えられていました。市場に出回るようになった今も、出荷数はごくわずか。贅沢で希少価値の高いお酒であることに変わりはありません。
ちなみに、「初垂れ」の読みは「はなたれ」。「はつたれ」、「はつだれ」などと呼ばれることもあるようです。また、「初垂れ」を採ることを「初留(しょりゅう)取り」といいます。「初垂れ」ではなく「初留取り」の表記を採用している商品もあるので、覚えておくとよいでしょう。

「初垂れ」があるなら「末垂れ」もある?

仕込みを終えたもろみを蒸溜器に投入して加熱すると、水より沸点の低いアルコールが最初に沸騰・気化します。これを冷却したものが焼酎の原酒です。こうして抽出された原酒のうち、最初に抽出される雫を「初垂れ」、次に出てくるものを「本垂れ(ほんだれ)」「中垂れ(なかだれ)」、最後に採れるものを「末垂れ(すえだれ)」と呼びます。本格焼酎の多くは「本垂れ」を使用しています。

「初垂れ」の特徴

「初垂れ」の特徴

jazz3311/ Shutterstock.com

「初垂れ」の味わいとその魅力

「初垂れ」は希少価値が高いだけでなく、その味わいも格別。蒸溜で最初に垂れてくる雫だけあり、旨味成分がギュッと凝縮されています。後から落ちてくる「本垂れ」や「末垂れ」に比べてひときわ香り高く、しっかりとした味わいがたのしめます。
通常の本格焼酎に使われる「本垂れ」も十分すぎるほどの魅力を備えていて、「末垂れ」は「末垂れ」ならではの深いコクと幅のある酒質がたのしめますが、「初垂れ」の味わいはやはり別格。採れる量が少ないため、入手困難で価格も張りますが、苦労してでも手に入れる価値はありそうです。

「初垂れ」のアルコール度数

蒸溜したての原酒は、芋焼酎は37〜40度、麦焼酎と米焼酎は43〜45度といわれていますが、「初垂れ」は最初に抽出される純度の高い原酒だけあって、そのアルコール度数は60%以上もあります。しかし、本格焼酎のアルコール度数は45度以下と酒税法で定められおり、この度数のままでは「スピリッツ」に分類されるため、本格焼酎の原酒として販売することはできません。そのため、市場に出回る「初垂れ」は、割り水をしてアルコール度数を45度以下に調整。たいていの場合は原酒ではなく「本格焼酎」として販売されます。

「初垂れ」のおいしい飲み方

「初垂れ」のおいしい飲み方

vi mart/ Shutterstock.com

初垂れを冷凍庫で冷やす

「初垂れ」は、得てしてアルコール度数が高く、本格焼酎の度数の上限値である45度に近い商品も数多く存在します。このような高濃度の「初垂れ」は、ウォッカやテキーラのように冷凍庫で冷やしても凍ることがなく、トロリとした濃厚なコクがたのしめます。
冷凍保存することで香りが閉じてしまうスピリッツもありますが、「初垂れ」の場合は独特の香りも健在。通常の本格焼酎では味わえない、「初垂れ」ならではのたのしみ方として、ぜひ一度試してみてください。

初垂れをさまざまな飲み方でたのしむ

冷凍庫でキンキンに冷やした後は、お気に入りの飲み方で、「初垂れ」の魅力を堪能しましょう。ストレートでロックや水割り、お湯割りでも「初垂れ」の個性を十分にたのしめます。ウイスキーのように「パーシャルショット」で飲むのもおすすめです。クラッシュした氷をグラスいっぱいに入れ、初垂れを適量注いで、キリリと冷たい一杯をたのしんでください。

「初垂れ」は知る人ぞ知る極上の焼酎。幻の焼酎と表現されることもあります。それだけに、大切な人への贈り物や自分へのご褒美にも最適。お気に入りの銘柄の「初垂れ」を見かけたら、迷わず購入したいものです。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識