広島が誇る【賀茂金秀(かもきんしゅう):金光酒造】米の魅力を最大限に引き出した日本酒

広島が誇る【賀茂金秀(かもきんしゅう):金光酒造】米の魅力を最大限に引き出した日本酒
出典 : 金光酒造フェイスブック

「賀茂金秀」を造る金光酒造は、明治13年(1880年)に広島県東広島市黒瀬町で創業した蔵元。5代目当主が生み出し、自らの名を冠した「賀茂金秀」により、その名が全国に知られるようになりました。ここでは、「賀茂金秀」の誕生の背景とその魅力について紹介します。

  • 更新日:

「賀茂金秀」の蔵元、金光酒造の歴史

「賀茂金秀」の蔵元、金光酒造の歴史

出典:金光酒造サイト

金光酒造が蔵を構えるのは銘醸地・西条を擁する東広島市

「賀茂金秀」を造る金光酒造は、広島県東広島市を代表する蔵元のひとつ。東広島市は広島県内でも酒造りが盛んな町として知られ、とりわけ兵庫県の灘、京都府の伏見と並んで“日本三大銘醸地”に数えられる西条地区が有名です。
穀倉地帯で、水と気候にも恵まれた西条では、古くから酒造りが行われてきましたが、明治時代に安芸津出身の三浦仙三郎氏が「軟水醸造法」を確立すると、西条酒の品質は大きく向上。全国的な名声を博すまでになりました。

「賀茂金秀」の蔵元、金光酒造は明治時代に黒瀬町で創業

「賀茂金秀」の蔵元、金光酒造が蔵を構えるのは、東広島市内でも西条地区から少し離れた黒瀬町。南北に黒瀬川が流れる、農業が盛んな地域です。
金光酒造は、この地で明治13年(1880年)に創業。「桜吹雪」の銘柄で、普通酒を中心とした酒造りを続けてきました。年間製造量は300石(一升瓶にして約3万本)ほどと小規模で、それほど知名度の高い蔵元ではありませんでした。そんな金光酒造が飛躍を遂げたきっかけが、5代目となる若手当主の就任でした。

「賀茂金秀」は、造り手が自らの名を冠した自信作

「賀茂金秀」は、造り手が自らの名を冠した自信作

出典:金光酒造サイト

「賀茂金秀」は5代目当主の情熱が生み出したお酒

金光酒造のそれまでの酒造りを一新したのが、5代目当主の金光秀起氏です。東京農大の醸造学科を卒業した金光氏は、28歳の若さで家業を継ぐと、「小規模だからこそ、品質重視の少量生産に徹すべき」と考え、自ら杜氏として吟醸酒造りに取り組みました。
数年間の試行錯誤を経て造り上げた酒を地元の地酒専門店に持ち込んだところ、その確かな品質が高く評価され、新銘柄として発売されることに。
金光氏は、蔵元のある地区を指す「賀茂」と、自身の名前の「金」と「秀」の字から「賀茂金秀」と命名。こうして誕生した「賀茂金秀」は、その後も品質を高めるとともに、全国的な知名度を持つ銘柄に成長していきました。

「賀茂金秀」は数々の賞を受賞し、全国的な地位を確立

「賀茂金秀」が、その名を全国に知らしめた大きなきっかけは、数々の品評会での受賞歴です。
広島県内の新酒品評会は、酒処・西条をはじめとした実力派の蔵元がひしめき合う激戦区ですが、「賀茂金秀」は2010年に首席1位を獲得。全国区の品評会でも栄誉ある賞に輝き、いまや「全国新酒鑑評会」の上位入賞常連蔵元のひとつとなっています。
広島を代表する蔵元としての地位を確立したあとも、金光氏の研鑽に終わりはありません。今も広島酒の人気を牽引する蔵元として、さらなる成長を続けています。

「賀茂金秀」は多彩な酒造好適米で醸す酒

「賀茂金秀」は多彩な酒造好適米で醸す酒

出典:金光酒造フェイスブック

「賀茂金秀」の米の旨味を感じる豊富なラインナップ

「賀茂金秀」は、「雄町(おまち)」や「八反錦(はったんにしき)」広島県オリジナルの「千本錦(せんぼんにしき)」など、厳選した酒造好適米を使用。多様な米の魅力を引き出した、豊富なラインナップが魅力です。なかでも不動の人気を誇る定番商品を紹介します。

【賀茂金秀 純米大吟醸】

「千本錦」を使用した「賀茂金秀 純米大吟醸」は、「賀茂金秀」ならではの淡麗旨口が魅力。華やかな香りがあり、すっきりとしながらも、甘味や旨味がしっかり感じられる1本です。

【賀茂金秀 純米吟醸 雄町】

「雄町米」を使用した「賀茂金秀 純米吟醸 雄町」は、さわやかな酸味とお米本来の旨味が特徴。食事との相性もよく、さまざまな料理と合わせておいしくいただけます。

【賀茂金秀 特別純米】

「雄町米」と「八反錦」を使用した「賀茂金秀 特別純米」は、フレッシュで軽快ながらもしっかりとした味わいが魅力。アルコール度数が13度と控え目ながら、米の味をしっかりと味わうことのできる「賀茂金秀 特別純米 原酒13度」もあります。

【桜吹雪 大吟醸】

「加茂金秀」とともに、創業当初の銘柄「桜吹雪」も造り続けています。「千本錦」を使用した「桜吹雪 大吟醸」は、数々の鑑評会や品評会で入賞。華やかな香りと上品な甘味が魅力です。

「賀茂金秀」は、金光酒造の当主が自らの名を冠しただけあって、その酒造りへの情熱が生んだ銘柄です。進化を続ける「賀茂金秀」から、今後も目が離せません。

製造元:金光酒造合資会社
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識