ワインの原産国ごとの特徴を知ろう!

ワインの原産国ごとの特徴を知ろう!
出典 : Shebeko/ Shutterstock.com

ワインの原産国は世界中に多数あり、ワインの味わいや特徴は原産国によって大きく異なります。原産国ごとのおおまかな特徴を知っておけば、ワイン選びの手掛かりになるでしょう。ここでは、代表的なワインの原産国について、その特徴や魅力を紹介します。

  • 更新日:

ワイン原産国(1)伝統と格式のワイン王国・フランス

ワイン原産国(1)伝統と格式のワイン王国・フランス

field Tree/ Shutterstock.com

フランスは世界が憧れる高品質ワインの産地

ワインの原産国として、まず名前が挙がるのはフランスですね。生産量では近年、イタリアに次いで2位となっているフランスですが、世界的に有名な「ロマネ・コンティ」や「ペトリュス」、「モンラッシェ」などの高級ワインをはじめ、フランスワインならではの繊細で複雑な味わいは他の追随を許しません。
フランスのワイン造りの歴史は古く、紀元前600年頃にギリシャ人によって伝えられたのが始まりと言われています。産地としては、ボルドーやブルゴーニュ、スパークリングワインで知られるシャンパーニュなどが有名ですが、ほぼ全土でワイン造りが行われていて、土地や気候に合わせたブドウ栽培と伝統的な醸造方法で多種多様な味わいが生み出されています。

フランスワインの歴史を知れば、ワインの深さが見えてくる!

ワイン原産国(2)多様性に恵まれた固有品種の宝庫・イタリア

ワイン原産国(2)多様性に恵まれた固有品種の宝庫・イタリア

Ozgur Coskun / Shutterstock.com

イタリアワインは味わいのバリエーションが魅力

温暖で日照時間が長く、ブドウ栽培に適した環境に恵まれたイタリアは、20ある州のすべてでワイン造りが行われ、近年の生産量はフランスをもしのぐ世界一のワイン原産国となっています。
南北に長く変化に富んだ地形を持つイタリアでは、土地や気候に合わせた個性豊かなワインが造られていて、その多様性が大きな魅力です。
カジュアルなイメージが強いイタリアワインですが、“ワインの王”と称される「バローロ」や、“イタリアワインの女王”と称される「バルバレスコ」など、重厚な高級ワインも人気を集めています。

ワイン世界三大生産国の一つ、イタリアの有名なワイナリー

ワイン原産国(3)良質で気軽にたのしめるワインが揃う・スペイン

ワイン原産国(3)良質で気軽にたのしめるワインが揃う・スペイン

trindade51/ Shutterstock.com

カジュアルなスペインワインは普段飲みに最適

スペインは、イタリア、フランスに次いで世界第3位の生産量を誇るワイン原産国で、ブドウの栽培面積では世界一です。
バルで気軽に飲むワイン、というイメージが強いスペインワインですが、とくに有名なのが北部のリオハ地区やリベラ・デル・ドゥエロ地区で造られる赤ワイン。アメリカンオークの樽で長期熟成されることで生じるスパイシーな香りが特徴の高品質赤ワインです。
また、スペイン南部のワインで忘れてはいけないのが「シェリー」。アンダルシア地方で造られる酒精強化ワインで、甘口から辛口まで豊富な種類があり、食前酒としても好まれています。

世界第3位のワイン生産国、情熱の国スペイン

ワイン原産国(4)独自の気候風土を活かして急成長・日本

ワイン原産国(4)独自の気候風土を活かして急成長・日本

Evgeny Starkov/ Shutterstock.com

日本のワインは醸造技術の進歩で年々品質が高まっている

近年、品質面で大きく向上しているのが日本産のワインです。
日本でワイン造りが始まったのは明治のことですが、当時は甘いジュースのようなワインが主流。現在のような本格的なワイン造りが発展したのは1970年代以降です。90年代になると、フランスに留学して本場のワイン造りを学ぶ造り手が増加。現在では、山梨をはじめ長野、北海道、山形など全国各地で日本独自の個性を活かしたワイン造りが行われています。
なお、「国産ワイン」という表記は、日本国内で造られたワインを指すもので、輸入原料を使用しているワインにも使われます。これに対し、ブドウ栽培からワイン造りまで、すべて日本国内で行われたワインにのみ許される「日本ワイン」という呼称が、近年浸透しつつあります。

意外に知られていない「日本ワイン」の基礎知識

世界も注目! 国産ワインのおいしさの秘密

ワイン原産国(5)日本への輸入量はトップ!チリ

ワイン原産国(5)日本への輸入量はトップ!チリ

Nadiia Iatsun/ Shutterstock.com

チリワインは高いコストパフォーマンスで日本でも人気

ワイン原産国のなかでも、日本人にとってなじみ深い国のひとつがチリでしょう。高品質なブドウが豊富に獲れ、人件費が安いことなどからリーズナブルな価格で購入できるのが魅力。2015年から5年連続で輸入数量トップとなっています。
チリワインは、アコンカグア・ヴァレーやラペル・ヴァレーなどの渓谷を中心に造られ、「チリカベ」と呼ばれるカベルネ・ソーヴィニヨンのほか、ピノ・ノワールや白ブドウも高い評価を得ています。
手頃な価格のテーブルワインのイメージが強いチリワインですが、「アルマヴィーヴァ」や「セーニャ」のような高級ワインも造られていて、世界の愛好家の人気を博しています。

リーズナブルで高品質な南アメリカのチリワインを楽しむ!

チリワインの銘柄選びに役立つ知識、おすすめブランドは?

長いワイン造りの歴史を持つフランス、イタリアなどの「オールドワールド」から、アメリカやオーストラリア、チリ、日本のような「ニューワールド」まで、世界には多数のワイン原産国があります。それぞれの歴史や魅力を知ることで、ワイン選びがますますたのしくなりますね。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識