長野・宮坂醸造「真澄」〜代々受け継がれ続けた酒造りへの情熱と新たな挑戦とは〜

長野・宮坂醸造「真澄」〜代々受け継がれ続けた酒造りへの情熱と新たな挑戦とは〜

長野県を代表する日本酒として真っ先に名前があがる銘柄「真澄」。“七号酵母発祥の酒蔵”として日本酒界の歴史に名を刻み、全国の日本酒ファンから厚い信頼を寄せられている醸造元の宮坂醸造を訪問し、伝統を守りながら、さまざまな変革を遂げてきたこれまでの歩みや、今後の新たな取組みについてお話をうかがいました。

  • 更新日:

直孝社長の長男・勝彦さんが宮坂醸造に入社したのは2013年。大学卒業後、2年間の百貨店勤務ののち、イギリスの会社で1年間日本酒のインポート会社に勤め、長野に戻りました。
父と同じく百貨店時代は婦人服部門を担当。その後、海外の日本酒事情も体験したことで、勝彦さんは“流行に左右されないものづくり”への思いが高まりました。

(勝彦さん)『百貨店時代、お客さんに支持され続けているアパレルブランドの共通点を現場で見てきたことは、とても勉強になりました。
イギリスでは他社の日本酒と真澄の違い、真澄の個性や背景について徹底して向き合う機会を得られたのですが、蔵に戻ると、うちで造るお酒が、トレンドの「香りが高いタイプ」が主流で、「七号酵母の酒本来の素晴らしさ」を生かしきれていないことに、自分の中で違和感を感じました。

東京時代、奈良県の油長酒造「風の森」を初めて飲んだときに、その味わいに大きな衝撃を受けたのですが、その後、蔵元の山本嘉彦さんとお会いしたときに、「風の森」はすべて七号酵母で仕込んでいると聞き、七号酵母の酒造りについて詳しく教えてもらい、ポテンシャルの高さを再認識しました。

七号酵母は派手さはないけれど、飲み飽きすることなく、また、料理に寄り添えるお酒ができる。
調和のとれた味わいのお酒を醸す七号酵母が生まれたのは、宮坂醸造が歩んできた歴史であり大切なストーリー。七号酵母だけで酒を造りたいと強く思いました。』

七号酵母を培養した酒母。バナナのような香りが特徴。

原点回帰の酒造りを

勝彦さんが「今後は七号酵母で酒造りをしていきたい」と伝えたところ、社長や杜氏たちは「酒質が大きく変わってしまう」と答え、賛同は得られませんでした。しかし、時間をかけて話し合いを重ねるうちにできあがった試作品の試飲を社内で繰り返すと、七号酵母で醸した酒の評判はよく、次第に七号酵母での酒造りに移行していくという意見に賛同が集まり始めました。

(直孝社長)『初めに聞いた時はすぐには賛成できなかったですが、実際に試作品を味わうと、たしかに飲みやすくて、私は七号酵母の酒を飲むようになってから、以前よりも酒量が増えました。

かつて、自分が若い頃に商品を変え始めた時、祖父や父、蔵人との軋轢がありましたが、そこを突破したところに真澄の発展があり、日本酒業界の不況を乗り越えることにつながっていったと思っています。

若い彼が感じた改革意識はたしかに正しいと思い、今は宮坂醸造が一つになって、七号酵母での酒づくりへ原点回帰しています。』

「蔵のチームワークはとてもよく、みんなでおいしいお酒を造る目標に向かって一つになっています」(勝彦さん)

新しい「真澄」へ

すべての酒造りを一気に変えることは難しいため、06年に立ち上げた「みやさか」シリーズを七号酵母を使用してリブランディングする形で16年に「MIYASAKA」をリリース。その後、真澄シリーズでは「真朱」「漆黒」「茅色」や「スパークリング清酒」など新たなラインナップも増え、2019年度は95%のお酒に七号酵母を使用し、100%の達成も目前となりました。

(勝彦さん)『新しく生まれたシリーズは、従来とは違う新たな製法を取り入れ、七号酵母の可能性をさらに追求しています。
また、スパークリング清酒は富士見蔵の中野杜氏からの発案でしたが、米の旨みを感じられて、ボリュームのある料理とも非常によく合う仕上がりで今後がたのしみな商品です。

スパークリング清酒を造る途中の滓(おり)を下げる工程は、一部の高級シャンパーニュの製法(手作業のルミュアージュ)を取り入れ、毎日90度ずつボトルを回している。

富士見蔵の中野杜氏の独創で生まれたスパークリング清酒は、食中酒としての評価が高い。

(勝彦さん)『「酒米」や「仕込み水」が、「体格」や「身長」で体型をつくるものだとすると、酵母は「衣服」のように思うんです。七号酵母は派手さがなくシンプルで、着ている人がそのまま表現される服。それだけに、酒造りの工程一つひとつすべてに気が抜けません。
丁寧に造りあげた「上質な普段着」のようなお酒を目指して、飲む人たちの生活に寄り添いたいですね。

日本酒は、人と人が心を交わすツールであり、そしてその地域を象徴するメディアのような役割もあると思っています。自然豊かな諏訪の結晶である日本酒が、今と未来をつないでくれることを願い、「人 自然 時を結ぶ」というメッセージを込めてお酒を送り出していきたいと思っています。』

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識