ビールとソーセージ、本場ドイツでのたのしみ方とは?

ビールとソーセージ、本場ドイツでのたのしみ方とは?
出典 : Alexander Raths/ Shutterstock.com

ビールとソーセージはとても相性がよい組み合わせですが、そのルーツは両者の本場・ドイツにあるようです。ドイツの人は、ビールとソーセージをどんな場所で、どのように味わっているのでしょう。本場ドイツを例に、ビールとソーセージのたのしみ方を紹介しましょう。

  • 更新日:

ビールとソーセージ、ドイツ人はいつ、どこでたのしんでる?

ビールとソーセージ、ドイツ人はいつ、どこでたのしんでる?

Alexander Prokopenko/ Shutterstock.com

ビールとソーセージ、ドイツでは街中でたのしめる

ビールとソーセージは、ドイツ人にとってファーストフードのように気軽なもの。街中や駅構内のスタンドでも、焼き立てのソーセージを買うことができるほどです。
ドイツのレストランやビアホールのメニューには、必ずと言ってよいほどビールとソーセージが並んでいます。その土地ごと、その店ごとの個性あるビールやソーセージをたのしめます。

ビールとソーセージは、季節のイベントでも

ビールとソーセージは、季節ごとのイベントでも定番です。新年を祝うパーティーや、クリスマスなど、多く人が集まる席には必ずビールとソーセージが並んでいます。
なかでも、その組み合わせを思う存分堪能できるのが、バイエルンの州都ミュンヘンで開かれる「オクトーバーフェスト」。その名のとおり、毎年10月に開催される世界最大規模のビール祭りです。大きなジョッキに入ったビール、そして焼き立てのソーセージなどが屋台で提供されます。

ビールのお供、ソーセージ。なぜドイツで発展したの?

ビールのお供、ソーセージ。なぜドイツで発展したの?

Jackthumm/ Shutterstock.com

ビールのお供、ソーセージの歴史

ビールとソーセージはドイツの代表的な名物で、とくにソーセージの種類は1,500以上もあるのだとか。なぜドイツでこれほどまでにソーセージが発展したのでしょう? それは気候風土が大きく影響しています。
ドイツの冬は長く、冷え込みも厳しいため、餌の減少で家畜が餓死してしまうことも少なくなかったそう。そこで、冬が来る前に豚肉を保存するために、燻製によるソーセージ作りが発展したのです。

ビールとたのしむソーセージ、香辛料の流入でも発展

ビールにソーセージが合う理由のひとつに、豚肉の臭いを抑えるために使われる香辛料の存在が挙げられます。
この香辛料が、ドイツでソーセージが発展した一因とも言われています。中世後期の北ドイツは、東方からの香辛料が集まる流通拠点だったため、香辛料が手に入りやすく、ソーセージ作りが容易だったのです。

ソーセージとも相性がよい、ドイツの代表的なビール

ソーセージとも相性がよい、ドイツの代表的なビール

Marian Weyo/ Shutterstock.com

ソーセージと好相性、ドイツビールをご紹介

ソーセージを食べるなら、やっぱりドイツビールを合わせたいもの。ドイツで人気を誇る代表的なビールを紹介します。

【ピルスナー】

下面発酵で造るラガービールの一種で、ドイツの国内消費量の半分以上を占めるほど、よく飲まれている定番ビールです。日本人にも親しみやすい味わいで、ソーセージとももちろん好相性です。

【ヴァイツェン】

小麦を原料にしたヴァイツェンは、フルーティーで多くの女性にも好まれる味わいが魅力。「白ビール」とも呼ばれるヴァイツェンには、ゆでた白ソーセージがよく合います。

【シュバルツ】

黒ビールの代表格「シュバルツ」は「ダークラガー」と表記されることもあります。しっかりとした苦味とコクが特徴で、どんなソーセージとも好相性です。

ビールと一緒にたのしむソーセージの種類は?

ビールと一緒にたのしむソーセージの種類は?

beats1/ Shutterstock.com

ドイツビールには、どのソーセージがおすすめ?

ビールに合わせるソーセージ選びも重要なポイントです。ドイツには、さまざまな種類のソーセージがあり、それぞれ発祥の地の名称がつけられていることが多いようです。

【テューリンガー】

ドイツビールに合う焼きソーセージの定番で、ドイツ中東部のテューリンゲン地方発祥です。ニンニクとハーブが練りこんであり、香り高いソーセージです。

【フランクフルター】

フランクフルト発祥のソーセージで、軽めのビールと好相性です。日本では「フランクフルト」と呼ばれ、焼いて食べることが多いですが、ドイツでは軽く塩ゆでして食べられます。

【ヴァイスヴルスト】

ミュンヘンの名物のソーセージで、見た目から「白ソーセージ」とも呼ばれます。さまざまなビールに合いますが、とくに色味が近い「ヴァイツェン」との相性はバツグン。ゆでて提供されることが多く、皮をむいて食べるとふんわりした食感をたのしめます。

ビールとソーセージは、ドイツで長く親しまれてきた組み合わせ。10月は日本でも各地で「オクトーバーフェスト」が開催され、屋台でビールとソーセージは提供されています。ぜひ、本場の味わい方をたのしんではいかがでしょうか。

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識