「金魚」という焼酎の粋な飲み方 グラスが小さな水槽に!?

「金魚」という焼酎の粋な飲み方 グラスが小さな水槽に!?
出典 : LUIS PADILLA-Fotografia/ Shutterstock.com

「金魚(金魚割り)」という焼酎の飲み方を知っていますか? 焼酎の水割りやお湯割りに、「唐辛子」と「大葉(しそ)」という2つの材料をプラスするだけで、まるでグラスの中を赤くてかわいい金魚が泳いでいるかのような幻想的かつスタイリッシュなビジュアルがたのしめます。

  • 更新日:

「金魚(金魚割り) 」は焼酎の飲み方の新定番

「金魚(金魚割り) 」は焼酎の飲み方の新定番

W. Scott McGill/ Shutterstock.com

「金魚」は焼酎の粋な飲み方

「金魚」といえば夏の風物詩として知られていますが、焼酎の割り方としても近年話題になっています。本物の金魚を浮かべるのではなく、ある食材をグラスに浮かべることで、涼しげで懐かしい雰囲気を味わうことができます。
その食材とは、ナス科の植物で、万能調味料と名高い唐辛子。これを金魚に、そして大葉(しそ)を水草に見たてることで、グラスが幻想的なアクアリウムへと変化します。
この飲み方が粋でおしゃれだとネット上で評判に。夏はもちろん、お湯割りがおいしい冬場もたのしめるので、焼酎ファンの間で浸透しつつあるのだとか。

「金魚」は見た目だけでなく、味もたのしめる

「金魚(金魚割り)」という焼酎の飲み方が評価されているのは、見た目のおしゃれさだけではありません。実際に飲んでもおいしく、“目でも舌でもたのしめる飲み方”として人気が高まっています。
さっぱりとした印象ながら、飲むごとに唐辛子のピリッとした刺激が強くなる、クセになる味わいは、ほかの飲み方にはないもの。料理との相性も抜群なうえ、とにかくおいしいので、ついつい飲み過ぎてしまうと心配する声もあるほどです。

「金魚(金魚割り)」に必要な素材はこれ!

「金魚(金魚割り)」に必要な素材はこれ!

Vitalina Rybakova/ Shutterstock.com

「金魚」の主役は唐辛子と大葉

「金魚(金魚割り)」の主役は、唐辛子(鷹の爪でOK)と大葉(しそ)。唐辛子は金魚役、大葉は水草役です。どちらも丸ごとグラスに投入するので、カットする必要はありません。色や形がきれいなものを選び、水できれいに洗いましょう。

「金魚」割りの作り方はじつにカンタン

「金魚」割りの作り方はカンタンです。まずはグラスに焼酎を入れ、水またはお湯で割ってかき混ぜます。次に大葉、唐辛子の順にグラスに浮かべましょう。
水割りの場合は上から氷を投入してもOK。その際、透明度の高いロックアイスを使うと見た目も美しく仕上がります。
焼酎は甲類でも乙類でもおいしくいただけますが、芋焼酎のように風味の強いものは避けたほうが無難です。いろいろ試して、お気に入りの味を探してみてください。

「金魚」には、ほかにもこんな飲み方が

「金魚」割りは水割りやお湯割りが主流ですが、炭酸水/ソーダで割ってもおいしくいただけます。甘いお酒がお好みの人には、ラムネやサイダーで割った「金魚サイダー」もおすすめです。

「金魚(金魚割り)」のSNS映えするおいしい飲み方

「金魚(金魚割り)」のSNS映えするおいしい飲み方

petereleven/ Shutterstock.com

「金魚」のおいしさを決める要素

「金魚(金魚割り)」の味わいは焼酎の種類や割り方、唐辛子の本数によって変わってきますが、お酒は気分でたのしむものでもあるので、見た目の美しさも重要です。
グラスの形状や大きさ、デザイン、唐辛子や大葉、氷の微妙な位置関係によって、完成度が大きく変わってくるので、満足いくまでこだわってみるとよいでしょう。

「金魚」でSNS映えを狙うなら?

SNS映えを狙うなら、グラスに凝るのも一手。ロングカクテル用のゾンビーやジョッキ、ブランデーグラス、丸底グラスなど、形にこだわってセレクトするもよし、カッティンググラスや色付きグラスなどデザインで選ぶもよし。手のひらサイズの水槽を作るつもりで、厳選してみてください。

「金魚」はお湯割りでいただくと、からだがポカポカに温まりますが、唐辛子には血行をよくする効果も期待できるため、酔いが回りやすくなる可能性もあります。飲み過ぎにはくれぐれも気をつけてくださいね。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識