日本酒に賞味期限はあるの? 今さら聞けない基礎知識

日本酒に賞味期限はあるの? 今さら聞けない基礎知識
出典 : KPG Payless2 / Shutterstock.com

日本酒の賞味期限を知っていますか? 日本酒はアルコールの殺菌効果により長期保存が可能なため、賞味期限の表示がありません。 とはいえ、日本酒をおいしく飲むためには、やはり「飲み頃」や「正しい保存方法」などを知っておきたいもの。ここでは、賞味期限をはじめとした日本酒の保存にまつわる情報を紹介します。

  • 更新日:

日本酒に賞味期限の表示がない理由

日本酒に賞味期限の表示がない理由

aka1022/ Shutterstock.com

日本酒の賞味期限を知ろうとして、ラベルなどをいろいろ探してみたが見つからない、という経験はありませんか? じつは、日本酒のラベルには賞味期限の記載がありません。
というのも、日本酒はアルコールを含んでいるため、正しく保存されていれば腐敗が進まないことから、食品衛生法上の賞味期限の表示義務がありません。

だからといって、何年経っても味や品質が変わらないかといえば、さすがにそうはいきません。おいしく味わうための適切な「飲み頃」があります。
このため、日本酒のラベルには賞味期限の代わりに「製造年月」が記載されています。ちなみに、これは日本酒が造られた時期ではなく、瓶に詰められた時期を示しています。つまり、仕込まれた時期が違っても、同じ日に瓶詰めされれば、製造年月の表示は同じになります。

では、「製造年月からどれくらいまでが飲み頃か? 」と問われると、これは一言では答えづらい質問です。お酒には時間を置いて熟成させたほうがよいものもあれば、フレッシュな状態で早めに味わうほうがよいものもあるなど、その個性によって飲み頃が異なるからです。

あくまで参考までですが、一般的な目安としては、「火入れ」と呼ばれる加熱処理を施している日本酒であれば製造年から1年以内、火入れをしていない「生酒」や「生詰め」「生貯蔵酒」であれば半年以内が飲み頃の目安といわれています。
とはいえ、日本酒の銘柄ごとに異なるので、最良の状態で飲むためには、蔵元や酒屋さんで、そのお酒ならではの飲み頃を聞いてみるのがおすすめです。

「生酒」の魅力は、火入れをしないことによるフレッシュな味わい

日本酒に賞味期限はなくとも、知っておきたい保存方法

日本酒に賞味期限はなくとも、知っておきたい保存方法

Patty Chan / Shutterstock.com

日本酒は、ビールやワインなどと同じく醸造酒。ウィスキーや焼酎、ブランデーなどの蒸溜酒とくらべて多くの成分を含んでいるため、品質が変わりやすい特徴があります。
このため、おいしくたのしむためには、購入後、できるだけ早めに飲むことをおすすめします。やむなく保存する場合には、できるだけ品質を劣化させないよう、正しい保存方法を押さえておきたいものです。

日本酒を保存するうえで、まず大切なのは光を避けること。日本酒は紫外線が当たると化学反応により劣化してしまうため、できるだけ避ける必要があります。酒瓶に緑色や茶色のものが多いのは、紫外線を通しにくくするためなのです。
もうひとつのポイントが温度。日本酒は温度が高ければ高いほど熟成が促進されるため、長期にわたり保存する場合は低温、それも温度変化がない状態を保つことが大切です。
保存に適した温度は、日本酒の種類によっても異なりますが、火入れを行っている場合は5~10度、火入れを行っていない場合は、氷温(マイナス5~0)度が目安といわれています。

光と温度という2つのポイントから、日本酒の保存に適した場所は「冷暗所」という結論が導かれます。冷暗所とは、日光が当たらず、年間を通して温度や湿度があまり変わらない涼しい場所のこと。理想的なのは冷蔵庫での保管ですが、家庭用の冷蔵庫では、なかなかすべての日本酒を保管するというわけにはいきません。
冷蔵庫の横や流し台のすぐ下など、温度が高くなりそうな場所は避けて、家庭内の冷暗所を探して保管するよう心がけましょう。

賞味期限がない日本酒を長くたのしむために、家庭でできるちょっとした工夫

賞味期限がない日本酒を長くたのしむために、家庭でできるちょっとした工夫

takasu/ Shutterstock.com

日本酒は賞味期限こそ表示されていないものの、繊細な味わいが持ち味なため、保存状況によって品質が変化してしまい、本来の魅力をたのしめなくなる恐れもあります。
前述した保存方法の基本をベースに、家庭内でできる、日本酒を保存する際のちょっとしたコツを紹介しましょう。

日本酒は、基本的には冷蔵保存が望ましいですが、「生酒」など火入れをしていないものを除けば、冷暗所で常温保存しても、ただちに劣化するほどではありません。
ただし、注意したいのが照明を当てないこと。日本酒を劣化させる紫外線は、直射日光だけでなく室内の蛍光灯にも含まれています。室内で保存する場合、瓶を新聞紙で包むなどして光を遮断しましょう。

また、冷蔵庫で保存する場合は、温度変化を最低限にするのがポイントです。冷蔵庫内の温度変化をできるだけ少なくするよう、頻繁な開け閉めは避けましょう。また、ドアポケットに入れておくと開け閉めのたびに外気に触れるので、野菜室などでの保管がおすすめです。

賞味期限がない日本酒も、開栓後はできるだけ早く飲みきりたいもの

賞味期限がない日本酒も、開栓後はできるだけ早く飲みきりたいもの

beeboys / Shutterstock.com

賞味期限の表示がない日本酒ですが、それはあくまで開栓されていない状態でのこと。製造後まもない日本酒であっても、いったん開栓してしまったら、できるだけ早く飲みきってしまいたいものです。

というのも、日本酒は空気と触れることで酸化が進み、味がどんどん変化してしまうからです。意図的に味わいの変化をたのしもうという場合を除いては、開栓後も長く置いておくのは避けるべきでしょう。

どうしても、すぐには飲みきれないという場合は、できるだけ空気との接触を避けるよう注意しましょう。
一升瓶のまま保管するのではく、小瓶などに移し、瓶の口ギリギリまで詰めるなどすれば、日本酒が空気と接する面積を少なくできます。小さな瓶であれば冷蔵庫にも入れやすくなるので、できるだけ冷蔵保存するようにしましょう。

賞味期限がないから大丈夫? 古くなった日本酒の見分け方

賞味期限がないから大丈夫? 古くなった日本酒の見分け方

taa22 / Shutterstock.com

日本酒には賞味期限の表示はないとはいえ、購入後にうっかり常温で放置してしまったり、大量にいただいたのでなかなか飲みきれなかったりした場合、「飲んでも大丈夫だろうか」と心配になることもあるでしょう。

日本酒には殺菌効果のあるアルコールが含まれているため、基本的には、古くなったお酒を飲んだからといって健康を害することはありません。それでも心配なときは、グラスなどに移して日本酒の色をチェックしてみましょう。無色透明、もしくは少し黄色実を帯びている程度であれば、少量を口に含んで味をみてみましょう。
問題なく飲めるようなら、そのまま飲んでも大丈夫。少し風味が落ちているのが気になるのであれば、飲用としてではなく、料理酒として活用しましょう。

ただし、見た目に茶色っぽくなっているときや、味がかなり変わってしまっているときは、料理酒として使うのも避けたほうが無難です。
とはいえ、せっかくの日本酒をそのまま捨ててしまうというのは勿体なく、造り手に対しても申し訳ないというもの。香りが悪くなければ、お風呂に入れて日本酒風呂をたのしんでみるのもよいかもしれませんね

日本酒はアルコールのはたらきで腐敗しにくいことから、賞味期限の表示がありません。とはいえ、本来の味わいをたのしむためには、できるだけ早く飲むか、正しい方法で保管したいもの。日本酒の保管にまつわる知識を深めて、日本酒をより深くたのしみましょう。

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識