ビールが私たちの生活に密着する存在となった秘密!日本におけるビールの歴史を振り返る

ビールが私たちの生活に密着する存在となった秘密!日本におけるビールの歴史を振り返る
出典 : Impact Photography/ Shutterstock.com

日本人にとってビールはもっとも馴染み深いアルコール飲料のひとつ。その歴史を紐解くと、私たちの生活に密着する存在となった秘密が見えてきます。ビールが初めて日本に上陸した時代から、現在までに至る変遷を詳しく見ていきましょう。

  • 更新日:

日本のビール歴史1 初めて日本にビールが伝わってきたのは江戸時代

日本のビール歴史1 初めて日本にビールが伝わってきたのは江戸時代

PixHound/ Shutterstock.com

日本におけるビールの歴史を振り返ると、遠く江戸時代にまでさかのぼります。当時の日本は鎖国の時代。他の西洋文化と同様に、ビールも海外に向けて唯一、開かれていた長崎の出島を通じてもたらされましたが、国内に広く浸透するには、多くの時間を要しました。

初めてビールを口にした日本人として記録に残っているのは、玉虫左太夫という幕末の仙台藩士です。彼は、万延元年(1860年)にアメリカへの使節団として派遣されたメンバーの一員で、太平洋を航海中にビールを飲み「苦味なれども口を湿すに足る」と評価しています。

開国によって鎖国制度が終焉を迎えるとともに、日本に西洋文化が導入されるようになりました。ビールが本格的に日本国内に普及し始めたのも、幕末から明治にかけてのことです。
とくに明治以降は“文明開化”と呼ばれるように、さまざまな西洋文化とともにビールをはじめとした洋食文化も急速に浸透し、日本国民のライフスタイルも一変しました。

日本のビール歴史2 日本初のビール醸造所ができたのは明治時代

日本のビール歴史2 日本初のビール醸造所ができたのは明治時代

Toniflap/ Shutterstock.com

日本のビール造りの歴史は、どのように発展していったのでしょう? 日本で初めてビールの醸造を行ったのは、幕末の蘭学者、川本幸民といわれています。
ビール醸造所として初めて設立されたのは、明治2年(1869年)に横浜の外国人居留地に開業した「ジャパン・ブルワリー」。その後、横浜をはじめとした外国人居留地においてビール醸造所が続々と設立されることになります。

ビール醸造所の多くは外国人によって作られたものでしたが、明治5年(1872年)には、渋谷庄三郎氏によって日本人が経営する初のビール会社「渋谷(しぶたに)ビール」が設立されました。

ちなみにこの頃、日本初となるビアガーデンも登場し、ビールは日本人にとって少しずつ身近な存在となっていきます。

日本のビール歴史3 日本にビールが定着した理由

日本のビール歴史3 日本にビールが定着した理由

jazz3311/ Shutterstock.com

日本にビールが定着した歴史をたどっていくと、現在の大手ビールメーカー発展の歴史そのものであることがわかります。

明治10年(1877年)には「サッポロビール」、1888年には「キリンビール」、さらに1890年に「ヱビスビール」、1892年に「アサヒビール」と、現在まで受け継がれている銘柄が次々と誕生しました。

日本国内で爆発的にビールの消費量が増えたのは、昭和30年代から40年代にかけての高度成長期です。それまでビールはビアホールなどのお店で飲むことが主流でしたが、家庭に冷蔵庫が普及するようになったことで、自宅での消費が急増。家庭で手軽に飲めるアルコール飲料として、生活に浸透していったのです。
一説によると、第二次大戦中に清酒が4割以上の原産、ビールは15%原産され配給制になったことも、戦後になって「ビールは家庭で飲むもの」という習慣が根づいた理由のひとつともいわれています。

平成に入ってからは、ビールメーカーの創意工夫によって多様化が進み、さまざまなヒット商品が誕生しました。これらに加え、地ビール製造の規制緩和や発泡酒・第3のビールの台頭、クラフトビールの拡がりなども、ビール人気を下支えする要素となっています。

明治維新以降、近代文化の発展とともに急速に浸透してきたビール。現在のビール業界の発展や、世代を問わず定着した日本のビール文化は、開国、戦争、戦後の復興などを経た歴史のうえに成り立っていることがわかります。

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識