アイラ生まれのモルト・ウイスキー「アイラモルト」の魅力

アイラ生まれのモルト・ウイスキー「アイラモルト」の魅力
出典 : Kevin Wells Photography/ Shutterstock.com

アイラ島は、ウイスキーの愛好者から“ウイスキーの聖地”とも呼ばれる、ウイスキーの産地のなかでも特別なエリアです。スコッチウイスキーの6大生産地のひとつに数えられるアイラ島の蒸溜所で生まれたモルト・ウイスキー「アイラモルト」の魅力と代表的な銘柄を紹介します。

  • 更新日:

アイラ島が“ウイスキーの聖地”と呼ばれる理由とは?

アイラ島が“ウイスキーの聖地”と呼ばれる理由とは?

Rebecca Schochenmaier/ Shutterstock.com

アイラ島は、ウイスキーの本場・スコットランドの北西に連なるインナーヘブリディーズ諸島の最南端に位置する島。面積は淡路島と同じくらい、人口わずか3,500人ほどの小さな島ですが、「ハイランド」「ローランド」「スペイサイド」「キャンベルタウン」「アイランズ」と並んで、スコッチウイスキーの6大生産地のひとつに数えられています。

現在、アイラ島で稼働している蒸溜所は、アードベッグ、ボウモア、ブルックラディ、ラガヴーリン、ラフロイグ、ブナハーブン、カリラ、キルホーマンの8つ。いずれもビッグネームばかりですが、アイラ島が“ウイスキーの聖地”と呼ばれる理由はそれだけではありません。アイラ島の各蒸留所で造られるウイスキーは、アイラ島の風土を活かした強烈な個性があり、それが多くのウイスキー愛好家を魅了しているのです。

アイラ島は、その面積の約4分の1までが湿原で覆われており、モルト(大麦麦芽)を乾燥させる際に、この湿原から切り出したピート(泥炭)を焚きしめることで、ウイスキーにスモーキーなフレーバーをもたらします。そこに、島を取り囲む荒々しい海からの潮風や海藻に由来するヨードの香りが加わって、アイラ独特のウイスキーを生み出しているのです。

こうした個性は、ブレンデッド・スコッチの特徴づけに重宝され、「有名なブレンデッドウイスキーでアイラウイスキーがブレンドされていない銘柄はない」とまでいわれています。
しかし、アイラウイスキーの個性を存分に味わうのであれば、個々の蒸溜所で造られたモルト・ウイスキーのみを瓶詰めしたシングルモルトをたのしみたいもの。ここからは、「アイラモルト」の代表的な銘柄を紹介していきます。

アイラウイスキーのおすすめ1 アイラモルトの代表格「ラフロイグ」

アイラウイスキーのおすすめ1 アイラモルトの代表格「ラフロイグ」

出典:サントリーサイト

アイラモルトのなかでも、ウイスキー愛好家から“アイラの王”と称されるのが「ラフロイグ」。ピート由来のスモーキーフレーバーや、荒々しい潮風を思わせるヨード香、塩辛いドライな後味といった、アイラモルトの特徴を存分に堪能できます。

「ラフロイグ」とは、この地の古い言葉で“広い入り江の美しい窪地”を意味しているのだとか。その名のとおり、「ラフロイグ」を造るラフロイグ蒸溜所は、アイラ島の南岸部に位置しており、その風光明媚さはスコットランドの数ある蒸溜所のなかでもトップクラスといわれています。

ラフロイグ蒸溜所が誕生したのは、今をさかのぼること200年も昔、1815年のこと。この蒸溜所が造るウイスキーは、19世紀後半には、ブレンデッド・スコッチに欠かせない重要なピースとして重用されました。20世紀に入ると、禁酒法時代のアメリカに「薬用酒」として輸出され、人気を博します。

これほど歴史ある「ラフロイグ」ですが、その真価を発揮するのは、やはりシングルモルトの時代を迎えた20世紀後半のことといってもよいでしょう。“スモーキーアイラ”の象徴として、世界中のウイスキー愛好家から高い評価を獲得しました。
その実力は、シングルモルトウイスキーとしては初めて、英国の「ロイヤルワラント(王室御用達)」の認定を受けたことでも証明されており、まさに“アイラの王”と呼ぶにふさわしい、実力と風格を兼ね備えた銘柄です。

「ラフロイグ」はアイラモルトを代表する逸品

アイラウイスキーのおすすめ2 アイラの女王「ボウモア」

アイラウイスキーのおすすめ2 アイラの女王「ボウモア」

出典:サントリーサイト

アイラ島の8つの蒸溜所のなかでも最古の歴史をもつのが、1779年創業のボウモア蒸溜所。その歴史と伝統ゆえに、アイラ島はもちろん、スコットランド全土の蒸溜所のなかでも別格的な存在とされています。

ボウモア蒸溜所のシングルモルト「ボウモア」は、アイラモルトのなかでもピート香やヨード臭が抑え目で、比較的飲みやすいことから、アイラモルトの入門編としてもおすすめです。
こうしたややマイルドな飲み口や、女王エリザベス二世に献上されるなどイギリス王室ともゆかりが深いことから、“アイラの女王”と称えられています。

「ボウモア」の高貴で奥ゆきのある味わいは、約240年にわたって受け継がれてきた伝統的な製法によってもたらされます。
まず、ウイスキー造りの第一歩となるモルト造りは、外部に委託することなく、自ら「フロアモルティング」で行います。仕込み水に浸した大麦を床一面に広げ、木製のシャベルですき返すことで、空気にしっかりと触れさせ、均一に発芽させます。
こうして手間暇かけて造られた良質なモルトを、潮風をたっぷりと含んだピートで焚きしめることで、荒々しい海を想起させる良質なモルト・ウイスキーが生まれるのです。

また、発酵、蒸溜を経て樽詰めされたモルト原酒は、ボウモア蒸溜所が誇る、海抜0メートル以下の貯蔵庫で熟成されます。ひとたび海が荒れれば、波が激しく打ち寄せるような環境のもと、「ボウモア」は“海のシングルモルト”として、高貴で力強い香りを育んでいくのです。

「ボウモア」がスコッチの聖地、アイラの女王と称される理由

アイラウイスキーのおすすめ3 もっともアイラらしいアイラモルト「アードベッグ」

アイラウイスキーのおすすめ3 もっともアイラらしいアイラモルト「アードベッグ」

出典:MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社サイト

アイラモルトのなかでも、“アイラのなかのアイラ”と呼ばれるのが、1815年創業のアードベッグ蒸溜所のシングルモルト「アードベッグ」。アイラモルトの特徴といえば、やはりスモーキーなフレーバーですが、アードベッグは、その香りのもととなるピートの使用量が群を抜いています。

強烈なスモーキーさをもつ一方で、独自に工夫した精溜器(ピューリファイア)がもたらすフルーティな甘さを兼ね備えているのが,アードベッグならではの魅力。スコッチ愛好者から「ピーティー・パラドックス(=矛盾)」として高く評価されています。

こうした個性によって世界的な銘柄となり、「アードベギャン」と呼ばれる熱狂的なファンを生むほど愛されたアードベッグですが、その歴史は波乱に満ちています。
小規模な蒸溜所だけに、景気の波の影響を受けやすく、とくに世界的なウイスキー不況となった1980年代には閉鎖の危機を迎えたほど。ハイランド・スコッチの代表格であるグレンモーレンジィ社の傘下に入ることで、ようやく経営が安定しました。

復活を果たしたアードベッグを支え続けるべく、世界各地のアードベギャンたちが手を取り合って2000年に発足させたのが「アードベッグ・コミッティー」です。「蒸溜所の門戸が二度と閉じられることにないように」との想いを分かち合うアードベギャンの輪は、いまや世界130カ国以上に広がっており、これからもアードベッグを支え続いていくことでしょう。

アードベッグの魅力と、アードベッグを生んだアイラモルトの魅力を語ろう

アイラウイスキーのおすすめ4 アイラモルトNo.1に推すファンも多い「ラガヴーリン」

アイラウイスキーのおすすめ4 アイラモルトNo.1に推すファンも多い「ラガヴーリン」

Jaime Pharr/ Shutterstock.com

アイラ島のラガヴーリン湾に面した美しい土地に、この地の名を冠した「ラガヴーリン蒸溜所」が誕生したのは1816年のこと。とはいえ、これは公式の記録で、そのウイスキー造りの歴史は、密造酒時代までさかのぼれるといわれています。

ラガヴーリンは、ラフロイグやアードベッグと同様、スモーキーなフレーバーが強烈な「アイラらしいアイラモルト」といわれています。同時に、アイラモルトのなかでも指折りのリッチで濃厚、華やかな味わいを備えていることから、「ラガヴーリンこそアイラウイスキーのナンバーワン」と評価する人も多いのいだとか。

こうしたラガヴーリンの奥深い味わいを支えているのが、蒸溜時間の長さです。ラガヴーリン蒸溜所では2回蒸溜を採用していますが。1回目の蒸溜に約5時間をかけ、2回目の蒸溜には、なんと9時間以上も費やします。
蒸溜にこれだけの時間をかけるのは、アイラ島の蒸溜所でもラガヴーリンのみ。手間と時間をかけてじっくりと蒸溜することで、独特のリッチな味わいが育まれているのです。

国内販売元:MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社
公式サイトはこちら

アイラモルトは、ここで紹介した銘柄以外にも、それぞれ独自性がたのしめる逸品ぞろいです。ひとつの銘柄を味わえば、また違った銘柄をたのしみたくなるはずです。すべての蒸溜所の銘柄を飲みくらべて、アイラモルトの真髄を探求してみてはいかがでしょう。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識