大分の焼酎【泰明(たいめい)】小さな蔵にしか出せない味がある

大分の焼酎【泰明(たいめい)】小さな蔵にしか出せない味がある
出典 : 藤居醸造サイト

「泰明」は、大分県南部にある小さな町の小さな蔵が、原料処理からラベル貼りまでの全工程を、すべて手作業で行うこだわりの麦焼酎。料理のお供として、「いつもの焼酎」として、広く愛され続ける人気の秘密を探ります。

  • 更新日:

「泰明」はさまざまな飲み方で味わえる麦焼酎ですが、その特徴である、麦を炒ったような香りを楽しみたいなら、お湯割りがおすすめです。
ロックで飲む場合は、フチの口径が狭い小さめのグラスに氷を入れて「泰明」を注ぎ、2〜3回かき混ぜて飲むとよいでしょう。

定番の「泰明」は、水割りでもおいしく飲めます。大きめのグラスに「泰明」を半分ほど注ぎ、氷を5、6個投入。あとは好みに合わせて水を加えて、マドラーで右回りに5、6回かき混ぜると、絶妙な麦の香りとキレが楽しめます。

「泰明」は、小さな焼酎蔵が、精魂込めて仕上げた手造りの麦焼酎。まずは「泰明」ブランドのフラッグシップ、「特蒸泰明」から試してみてください。

製造元:藤居醸造合資会社
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識