時代の一歩先を行く販売戦略で出荷数を伸ばし続ける 長野・遠藤酒造場

時代の一歩先を行く販売戦略で出荷数を伸ばし続ける 長野・遠藤酒造場

“日本酒ブーム”といえど、年々消費量は減り、各蔵の出荷数が減り続けるなか、18年連続で出荷数量を増やし続けている遠藤酒造場。35年前、わずか500石の出荷量だった蔵を受け継ぎ、現在5500石にまで増石、信州屈指の銘酒を生み出した遠藤社長に、これまでの歩みをお聞きしてきました。

  • 更新日:
日本酒を1杯100円でたのしめる蔵開きは3日間開催され、街の大人気のイベントに。

日本酒を1杯100円でたのしめる蔵開きは3日間開催され、街の大人気のイベントに。

「地元の方たちに親しまれ、地域に根付いた酒蔵でありたいですよね。お土産にはうちの酒を選んでもらえるような、そんな地元の特産品になれたら嬉しいです」。と遠藤社長。

本社に併設している直売店には、ほとんどの商品を自由に試飲できるブースがあり、街の人が気軽に立ち寄ることも多いとか。

直営店の店内ではたくさんのお酒が試飲できます。

直営店の店内ではたくさんのお酒が試飲できます。

「酒蔵が代々続いていくには、地元の方に親しまれていることが大切。須坂市唯一の酒蔵なので、みなさんとの交流は大切にしていきたいですね」。

地元との繋がりを大切にしながら、日本酒業界のこれからを見据え、常に一歩先の展開にチャレンジし続ける遠藤酒造場は、これからも、日本酒ファンに喜ばれる酒を醸し続けます。



株式会社 遠藤酒造場
長野県須坂市大字須坂29
TEL 026-245-0117

ライタープロフィール

阿部ちあき

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定 きき酒師 日本酒・焼酎ナビゲーター公認講師
全日本ソムリエ連盟認定 ワインコーディネーター

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識