愛知に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【東海編】

愛知に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【東海編】
出典 : Matt Leung / Shutterstock.com

愛知県の酒造りは、日本最古の歴史書「古事記」にも記されるほどの歴史を誇ります。長きにわたる伝統を受け継ぐ愛知の地酒は、濃尾平野を流れる清流や良質な原料米、酒造りに適した気候風土に恵まれ、地酒ファンをうならせる旨口の酒が揃っています。

  • 更新日:

愛知の酒造りには「古事記」にも語られる歴史が

愛知の酒造りには「古事記」にも語られる歴史が

WorldStock / Shutterstock.com

愛知県の酒造りの歴史は古く、日本最古の歴史書とされる「古事記」や「日本書紀」において、ヤマトタケルが熱田の地で「大御酒盞(おおさかずき)」を献上されるシーンが描かれています。
ヤマトタケルは伝説上の英雄であり、このシーンがいつの時代のものかは曖昧ですが、少なくとも、古事記がまとめられた8世紀初めごろには、愛知で酒造りが行われていたことがわかります。

愛知は古代の朝廷があった大和(現在の奈良県)や京都との交通の便がよく、交流も活発だったため、早くから醸造技術が伝わり、朝廷や伊勢神宮などに捧げられていたようです。
その後、戦国時代には織田信長が本拠を置く清洲城下に多くの酒屋があったという記録が残されています。

江戸時代に入ると、尾張名古屋は徳川御三家の筆頭格としてますます発展し、名古屋城下の酒造業は急速に発展しました。とくに酒造りが盛んだった知多半島や西三河には、現在も多くの酒蔵が残っています。

愛知の発酵・醸造文化が生んだ銘酒

愛知の発酵・醸造文化が生んだ銘酒

UV70 / Shutterstock.com

愛知県は全国でも有数の発酵・醸造文化が発達した地域で、古くから醤油や味噌、酢といった醸造・発酵食品が造られ、人々の味覚をたのしませてきました。
こうした発酵・醸造技術は、もちろん日本酒造りにも活かされており、かつては、同じく日本酒の産地として知られる兵庫県・灘地方と、国内での生産量を二分したといわれています。
その歴史と伝統は、近代以降も受け継がれており、科学的な研究によって愛知の醸造・発酵技術はさらに発展しています。

こうした技術的なバックボーンに加えて、愛知は酒造りに適した風土にも恵まれています。
濃尾平野を流れる木曽川、長良川、揖斐川の「木曽三川」の伏流水は、ミネラルをバランスよく含んでおり、仕込み水には最適です。また、これら河川に支えられた米作りも盛んで、良質な酒造適合米が育てられています。

伝統的な発酵・醸造文化と、豊かな自然の恵みに支えられた愛知の酒造りは、さまざまな銘酒を生み、全国の地酒ファンから常に熱い視線が注がれているのです。

愛知の人気銘柄

愛知の人気銘柄

natu / Shutterstock.com

愛知県の地酒には、長きにわたる酒造りの歴史と伝統を受け継いだ銘酒がずらりと並んでいます。なかでも代表的な銘柄を紹介します。

三ツ星レストランのワインリストに並んだ革新的な酒【醸し人九平次(かもしびとくへいじ)】

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識