ウイスキーを料理に活用?料理酒としての魅力とレシピ

ウイスキーを料理に活用?料理酒としての魅力とレシピ
出典 : steve estvanik / Shutterstock.com

料理酒にウイスキーと聞いて、意外に感じるかもしれません。料理酒といえば日本酒を連想しがちですが、肉料理にワイン、お菓子にブランデーが使われるように、ウイスキーも幅広い料理で活躍します。ここでは、料理酒としてのウイスキーの魅力を紹介します。

  • 更新日:

【煮物料理】

煮物といえば日本酒という印象がありますが、弱火でコトコト煮込む甘味の強い煮物にはウイスキーの風味も映えます。分量の目安は大さじ2杯弱。香りの強いものよりも、ブレンデッド・スコッチなどクセのないウイスキーが好相性です。

料理酒だけじゃなく、こんな活用法も!

料理酒だけじゃなく、こんな活用法も!

hanabiyori/ Shutterstock.com

ウイスキーは料理酒として使用するだけでなく、さまざまな料理で活躍します。その代表例を紹介します。

【アイスのウイスキーがけ】

アイスクリームのブランデーがけ、ラム酒がけという言葉はよく耳にしますが、ウイスキーがけも絶品です。おすすめはバニラアイス。ウイスキーの銘柄や分量を変えるだけで味がガラリと変化するので、お好みの組み合わせを探してみてください。

【自家製果実酒】

梅酒やりんご酒などの自家製果実酒は、素材となる果物と氷砂糖、ホワイトリカーで作るのが一般的。このホワイトリカーの代わりにウイスキーを使えば、コクのある味わい深い果実酒が完成します。

【ウイスキーケーキ】

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識