日本ビール検定に挑戦! 実施は9月30日(日)、申込みは8月28日(火)まで

日本ビール検定に挑戦! 実施は9月30日(日)、申込みは8月28日(火)まで
出典 : Merla/Shutterstock.com

ビールが大好き、ビールを深く知ってもっとたのしみたいなら、日本ビール検定(愛称:びあけん)にチャレンジしてみませんか。ビール入門編の3級から、超難関の1級まで、あなたのレベルに合わせてぜひ挑戦してみてください。

  • 更新日:

一般社団法人「日本ビール文化研究会」が主催する検定

一般社団法人「日本ビール文化研究会」が主催する検定

Natalya Okorokova/ Shutterstock.com

明治時代に入り、本格的にビール文化の幕開けを迎えた日本。1959年には出荷量でビールが清酒を抜き、日本の酒類市場でリードし続けています。日常にすっかり溶け込み、人生のさまざまなシーンをドラマチックに演出してくれるビールですが、私たちはどれくらい知っているでしょう。

そこで、ビール愛好家ならぜひ挑戦してみたいのが、日本ビール検定(愛称:びあけん)。“びあけん”は、一般社団法人「日本ビール文化研究会」が主催する、ビールの歴史や製法、飲み方を中心に幅広い知識を問う検定です。

20歳以上なら誰でも受験することができ、2級までは公式テキストを読み込めば合格できる難易度です(1級は2級合格が前提)。資格を取得すれば、趣味が深まるだけでなく、就職に役立ったり、飲み会での話のネタになったり。今まで以上にビールをおいしくたのしめそうですよね。

試験日程や内容、出題レベルを、さっそく確認してみましょう!

試験日程や内容、出題レベルを、さっそく確認してみましょう!

ALPA PROD/ Shutterstock.com

2018年の検定は9月30日(日)、申込締切日は8月28日(火)。全国5都市で開催予定ですが、正式な検定会場は検定実施日の約1ヵ月前から公式サイトにて確認できます。それでは、検定内容を紹介しましょう。

●3級
マークシート(4者択一・全100問)60分
公式テキストからの出題が中心。原料や基本的な製法・スタイル・ビールの歴史・味わいなど、毎日のビールがもっとおいしくなる知識が出題されます。

●2級
マークシート(4者択一・全100問)60分
公式テキストを深く学習すれば合格可能。ビールの文化・歴史を語ることができ、酒類を扱う仕事やビール通になりたい人を対象とした中級レベル。

●1級
マークシート(4者択一、記述・論述問題あり)60分
公式テキストからの出題のほか、ビールに関するうんちくや時事情報など、幅広い範囲から出題。自らビール文化を発信できる愛好者の頂点を目指す人を対象とした上級レベル。

3級から1級のどの試験でも「100点満点」を達成した人に、なんとビール1年分が進呈されます(対象者が複数の場合は山分け)。ちなみに2017年は3級で満点を達成した人が1名いたとか。次はあなたの番かもしれませんよ!

「日本ビール検定」の詳細記事はこちら
https://tanoshiiosake.jp/3240

※ビールサイト 「ビアパレット」でも 「日本ビール検定」が紹介されています。
https://beerpalette.jp/articles/gnf1q

日本ビール文化研究会
http://www.beerken.com/

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識