お米を使ったビールを知っていますか?

お米を使ったビールを知っていますか?

ビールの原料は、基本的に「麦芽」「水」「ホップ」の3つ。日本の酒税法でしっかり定められています。これに副原料と酵母が加わります。この副原料に米が含まれているビールがあるのです。

  • 更新日:

ビールの原料

Vaclav Mach/ Shutterstock.com

ビールの基本原料は「麦芽」「水」「ホップ」。ビールの味の個性を決める「麦芽」はモルトと呼ばれ、麦を発芽させたもの。発芽させる理由は、麦に含まれるデンプンやタンパク質を糖やアミノ酸に分解するための酵素を生み出すためです。麦芽はビールの味や香りにも影響します。ビールに使われる麦は、大麦や小麦、ライ麦、オート麦などさまざまです。

「水」は、ビールの9割を担います。水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの含有量によって味が変わってくるため、土地が変われば水質も変わり、各地のビールに個性を与えています。

「ホップ」は、苦味や香りに影響を及ぼす原料。ホップの役割は、特有な苦味と爽快な香りを与えることです。また、ホップの成分には、ビールの泡持ちをよくする作用や殺菌作用もあります。ホップの種類や投入量、タイミングによってビールの味わいは大きく変わります。

基本の3つに加え、米やとうもろこし、デンプンなどの副原料と酵母は、おもにビールの味を調整するために用いられます。副原料も、酒税法で使用できるものが決められています。副原料の種類や割合によって、ビールに特徴的な味わいを与えます。

酵母はビールを造る上で大切な原料。また、用いる酵母の種類によって香りや味が大きく違ってきます。そのため、醸造所は数多くの酵母のストックから目指すビールのスタイルにあった最適なものを選んでいるのです。

一つひとつの原料の出会いが、ビールの香りや味の個性を変えていきます。

お米を副原料に使ったクラフトビール

somchaij/ Shutterstock.com

クラフトビールを醸造している小さなブルワリーのなかには、さまざまな副原料を使い個性的な味わいのビールを醸造しているところがたくさんあります。そのなかでも、副原料に「米」を使ったクラフトビールを紹介します。

◆独歩 雄町米ラガービール/
創業当初にドイツ人の醸造技師を招き、シュルツ社製仕込み釜など設備もドイツ流です。「独歩」という名は、禅宗の言葉からとったものですが、「独逸(ドイツ)」の意味も込められています。

「雄町米ラガービール」は、吟醸酒と同じように精米歩合60%まで磨いた「雄町米」を副原料として使用したクラフトビール。お米の旨味を引き出すために通常より低温で発酵させ、じっくりと熟成。軽やかでふくらみのある、米ならではの味わいです。
独歩の詳細はこちら

◆こしひかり越後ビール/
日本の地ビール第一号として先駆者的存在の「エチゴビール」。キーワードは「伝統とイノベーション」。先人たちのこだわりと不変的な製法を受け継ぎながら、新しいクラフトビールの魅力を生み出しています。

「エチゴビール こしひかり越後ビール」は、新潟産のコシヒカリを20%配合したビール。米を配合したことで、スッキリと喉ごしがよくキレのある辛口のビールに仕上がっています。ビールと米の融合を試してみてください。
エチゴビールの詳細はこちら

◆常陸野ネストビール レッドライス・エール/
江戸時代から酒造りに携る木内酒造が、日本酒の伝統と醸造技術を元に、カナダから醸造設備を導入して1996年にビールの醸造をスタートした茨城の「常陸野ネストビール」。

「レッドライス・エール」は、副原料に古代米といわれる赤米を使用。発酵に清酒用大吟醸酵母も加えています。淡い薄紅色の外観、果実を思わせる香りで味わいです。
常陸野ネストビールの詳細はこちら

米を副原料としているクラフトビールをぜひ、飲み比べてみてください。

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識