特別なときに! 手の届くシャンパンおすすめ3銘柄

特別なときに! 手の届くシャンパンおすすめ3銘柄

結婚式やパーティー、会社の創業記念など華やかな場面で栓を開けることの多いシャンパン。少しお高いお酒、という印象ですが、銘柄を選べば普段自宅で飲むこともできます。日常に起こる少し“特別な日”に飲むシャンパンを紹介します。

  • 更新日:
マリーアントワネットも愛した「パイパー エドシック ブリュット」

Nancy Beijersbergen/ Shutterstock.com

カンヌ国際映画祭の公式シャンパーニュ・メゾンとしても有名なパイパー・エドシックは1785年に創業されました。「王妃にふさわしいシャンパーニュを」という強い思いをもって造られたこのシャンパンは宮廷で人気を博すようになり、マリーアントワネットへも献上されました。

フレッシュで上品な香りとフルーティーな味わいはあの偉大な女優マリリン・モンローをも夢中にさせ、ファッションデザイナーのジャン=ポール・ゴルチエが装飾ボトルをプロデュースするなど華やかな世界と切っても切れない関係にあるのです。

華やかなシーンにふさわしい貴重なシャンパンの数々を、特別な日にみんなで開けたいですね。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識