とろりと濃厚な日本酒「にごり酒」、おすすめの飲み方は?

とろりと濃厚な日本酒「にごり酒」、おすすめの飲み方は?

  • 更新日:

にごり酒はどうやって造られる?

写真/PhotoAC

日本酒は、米をアルコール発酵させてできた醪(もろみ)を酒袋などに入れて、圧力をかけて搾り、酒粕と分離させます。この時に目の粗い袋で酒を濾すと、白濁した「おり」が酒中に多く残ります。あえてこの「おり」を多く含ませた日本酒のことを「にごり酒」と呼びます。「おり」が多く含まれている分、日本酒本来の米の旨味を強く感じられるのが魅力です。

さらに、多くのにごり酒は火入れ処理を行わず、酵母が生きたままの状態で瓶詰めされるため、発泡性を感じられるものもあります。火入れをしていない分、酒質が変わりやすいものも多いため、しっかりと保存管理を行い、開栓後はできるだけ早めに飲み切りましょう。

にごり酒とどぶろく、何が違うの?

写真/PhotoAC

荒く漉してもろみを残したものがにごり酒だとすれば、濾さないでもろみが残ったままのものが「どぶろく」です。つまり、どぶろくは酒袋などのフィルターに一切通していないお酒で、にごり酒は粗いながらも一度はフィルターに通したお酒です。

その違いから、法律上、にごり酒は日本酒と同じ「清酒」に分類され、どぶろくは「その他の醸造酒」として扱われるため、税率が少し低めに設定されています。
ちなみにどぶろくは、かつて自宅で作ることができるお酒として親しまれていましたが、現在は特別な許可がないと自宅で製造することはできません。

にごり酒のおすすめの飲み方

norikko/ Shutterstock.com

にごり酒は、瓶を傾けて、底に溜まった「おり」を混ぜあわせて飲むのが基本です。ただし、あえて混ぜあわせずに、「おり」が下に溜まった状態で、透き通った上澄みの部分だけを飲むのもたのしみ方の1つ。濁り部分と上澄み部分で2種類の味をたのしむことができます。

また、とろりと濃厚な味わいが特徴なので、ロックで飲んだり、炭酸水で割ったり、柑橘類を入れてカクテル風にしてたのしむのもよいでしょう。

にごり酒初心者におすすめなのは、「國盛 にごり酒」、「月桂冠にごり酒」、「白川郷 純米にごり酒」、季節限定にごり酒「五郎八」、「獺祭 発泡にごり酒 50」など。口当たりのよい、柔らかな味わいをぜひ試してみてください。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識