【にごり酒】日本酒が苦手な人こそ飲んでほしい! 「にごり酒」の奥深い世界

【にごり酒】日本酒が苦手な人こそ飲んでほしい! 「にごり酒」の奥深い世界

日本酒が苦手な人こそ飲んでほしい! 「にごり酒」の奥深い世界を学ぶ

  • 更新日:

日本酒は大好き。よく飲みます。だけど、実はあんまり詳しくないんです。
そんな女性を代表して、モデルの中林美和さんが<日本酒の先生>に「日本酒のイロハ」を教えていただく連載企画。
第9回目の今回も、お酒を通じてお客様の満足と幸せを追求し、豊かな生活に貢献する「酒類コーディネイター」としても知られる株式会社SBS代表取締役社長 吉田和司(よしだかずし)氏を先生にお招きし、「にごり酒」について学びます。

もともとすべての日本酒は「にごり酒」だった

先生:今回は「にごり酒」についてお話します。

中林:お願いします。

今回は「にごり酒」についてのお話

先生:いきなりですが、中林さん。戦国時代まで、日本のお酒といえば、にごり酒が主だったことをご存知ですか?

中林:えっ、そうなんですか?

先生:現在飲まれているほとんどの日本酒は「清酒」ですよね。しかし戦国時代の終わり頃まで、日本でお酒といえば、高級品の「諸白酒(もろはくしゅ)」と庶民的な「どぶろく」だったんですよ。どちらも白く濁った「にごり酒」です。当時はまだ、お酒を「濾す」という考えがなかったんです。

それが変わったのは、ある「事件」がきっかけでした。江戸時代の終わり、兵庫の伊丹にある「鴻池(こうのいけ)酒造」という造り酒屋のお酒が、かなりの人気を博していました。しかし人気の反動か、この店に恨みを持つ人もいました。あるとき、鴻池酒造を恨んだ人物が、商売用の樽酒の中に「灰汁」を投げ入れました。

中林:せっかく作ったお酒が台無しです。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識