日本酒には賞味期限がない?日本酒の「新酒」と「古酒」の特徴を学ぶ

日本酒には賞味期限がない?日本酒の「新酒」と「古酒」の特徴を学ぶ

これがわかれば日本酒上級者!「新酒」と「古酒」の特徴を学ぶ

  • 更新日:

日本酒は大好き。よく飲みます。だけど、実はあんまり詳しくないんです。
そんな女性を代表して、モデルの中林美和さんが<日本酒の先生>に「日本酒のイロハ」を教えていただく連載企画。
第8回目の今回は、お酒を通じてお客様の満足と幸せ感を追求し、豊かな生活に貢献する“酒類コーディネイター”としても知られる株式会社SBS代表取締役社長 吉田和司(よしだかずし)氏を先生にお招きし、日本酒好きもあまり知らない「新酒と古酒」について学びます。

モデルの中林美和さんが<日本酒の先生>に「日本酒のイロハ」を教えていただく連載企画

日本酒の味はいつも同じ?

先生:本題についてお話する前に、日本酒の新酒と古酒と聞いて、中林さんはどんなイメージが浮かびますか?

中林:うーん、新酒は製造年月日が新しいお酒で、古酒は製造年月日が古いお酒ですか?

先生:そう思うでしょうが、実はちょっと違うんです。

中林:どういうことですか?

先生:多くの日本酒は春先に出来上がります。でも、いわゆる一般酒(市販のお酒)は、1年を通してお酒の味わいを一定にする習慣があります。「いつも同じ味を提供したい」という職人さんの心意気ですね。

そのため、春頃は昨年造ってタンクで貯蔵されているお酒に、春先に出来上がったお酒を足して味を整えます。梅雨頃になると新しいお酒の割合が多くなって、夏過ぎ頃には新しく造ったお酒も味が熟成されてくるので、その年のお酒だけで販売されます。これは味をごまかしているわけではなく、日本酒の造り手のプライドとして、いつも飲んでいただいているお客さまから、「味が変わった」と言われないための工夫なんです。

中林:「いつも同じ」ことにこだわっているんですね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識