「料理と日本酒のマリアージュ」意外と知らない!?料理と日本酒の相性

「料理と日本酒のマリアージュ」意外と知らない!?料理と日本酒の相性

高い日本酒が何にでも合うわけじゃない?意外と知らない料理と日本酒の相性を学ぶ

  • 更新日:

日本酒は大好き。よく飲みます。だけど、実はあんまり詳しくないんです。
そんな女性を代表して、モデルの中林美和さんが<日本酒の先生>に「日本酒のイロハ」を教えていただく連載企画。
第3回目の今回は、お酒を通じてお客様の満足と幸せ感を追求し、豊かな生活に貢献する“酒類コーディネイター”としても知られる株式会社SBS代表取締役社長 吉田和司(よしだかずし)氏を先生にお招きし、実際に飲んで食べて驚く、「料理と日本酒のマリアージュ」について学びます。

二日酔いになりにくい料理とは?

先生:今回は料理とお酒のマリアージュについてお話しましょう。マリアージュとはフランス語で「結婚」。つまり、異なるもの同士のマッチングを意味します。お酒の業界では、料理とお酒の相性の良さを表すときに使われますね。

このマリアージュについて解説をする前に、唐突なんですけど、中林さんは二日酔いをしますか?

中林:します! 気分が良くなって、いろんなタイプのお酒を飲んじゃうと、翌朝ツラいことになります。

先生:二日酔いはシンドいですよね。実は二日酔いを軽くするためにも、マリアージュは重要なんです。

中林:料理の選び方を変えると、二日酔いをしにくくなるってことですか?

先生:ええ。そのためには、二日酔いの仕組みを説明しましょう。体の中に入ったアルコールを分解するのは肝臓です。しかしアルコールを大量に摂取すると、肝臓が疲れて、二日酔いになってしまいます。これを防ぐためには、肝臓にもっと頑張ってもらうために、栄養を与えてあげればいい。それが「タンパク質」と「ビタミン」です。これを多く摂取すると、肝臓の分解力を長持ちさせることができます。

中林:例えばどんな食べ物ですか?

先生:たくさんありますが、タンパク質であれば、よく言われるのがお肉、それから卵やチーズですね。ビタミンだとアセロラやレモン。両方を兼ねそなえている食べ物であれば、今の時期はウナギもいいですね。これは私が実践していることですが、料理の付け合せのレモンをがぶっとかじったり、家に帰ったあとにグレープフルーツジュースを飲むようにするだけでも、翌朝はだいぶ変わりますね。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識