ブルゴーニュ公国の公爵夫人【Duchesse de Bourgougne】

ブルゴーニュ公国の公爵夫人【Duchesse de Bourgougne】

「~放題のバー」

  • 更新日:

ビールは偉い。とにかく偉い。美味しいビールはそれだけで正義だし、飲めればひとまずは幸せだ。だけど、美味しいビールは、出来ればそのビールの雰囲気に合った、理想的な空間で飲みたいもの。日本ビアジャーナリスト協会代表、ビールの伝道師こと、藤原ヒロユキさんが、今月も美味しいビールをいただきながら、理想のビアバーについてあれこれ思案を巡らせます。単なる妄想なのか、それとも、実在する店なのか…夢とうつつを行き来する(?)、妄想ビアバー、開店します。

今月の妄想ビール… 『Duchesse de Bourgougne』

とあるビールを飲むと、そのビールに合わせてふしぎな妄想が始まる。
ビールとのたのしい時間も数えて10回目。
今回のお相手となるのは、フランス語で「ブルゴーニュ公国の公爵夫人」と名づけられたビール。
ラベルに描かれた肖像は、その公爵夫人であるマリーさん。
若くしてこの世を去ったマリーさん。
でも夫であるシャルル公は亡くなる際に、マリーさんの棺に寄り添うように自分の棺を……。
この物語だけでもロマンティックで奥深そうだが、さらにビールそのものも、オーク樽で18か月熟成した深みあるものと、8か月熟成させた若く溌剌(はつらつ)としたものをブレンド。
酸味と果実味が強く感じられながら、濃厚さと甘みも、ぐっと感じられる。そう、奥深い。
じっくりとそのビール造りの謎を紐解こうとすれば、妄想力は高まってしまうのは仕方がない。
ということで今回もまた、藤原さんは、こんなお店のことを妄想したようで…

また、通いつめたくなる店を発見した。

その店のコンセプトは「放題」である。

多くの人は、「~放題」と聞くと、「飲み放題」を連想するようだが、この店は「飲み放題」ではない。
酒場で「~放題」といえば、まずは「飲み放題」でしょー、と思う人も多いようだが、私は「飲み放題」というシステムが好きではない。
根が貧乏性なのだろう、飲み放題と言われるとどうしても「たくさん飲まないと損」とか「これでモト取ったかなぁ~?」といったセコイことを考えてしまう。飲むペースが乱れ、酒が美味しくなくなってしまう。
お酒、特にビールに関しては「飲んだものは、きっちり払う」がモットーだ。自分が飲んだ分を明確にカウントして料金を支払う。それが醸造家への礼儀であり感謝の気持ちだと信じている。なんて言うとちょっとキザかな? おごってもらったり御馳走になるのは嫌いじゃないし(笑)矛盾してるかぁ……。

さてさて、しからばこの店は何が「放題」なのか?

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識