「マチルドの泉」伝説【ORVAL(オルヴァル)】ベルギービール

「マチルドの泉」伝説【ORVAL(オルヴァル)】ベルギービール

「アメリカのバー」

  • 更新日:

ビールは偉い。とにかく偉い。美味しいビールはそれだけで正義だし、飲めればひとまずは幸せだ。だけど、美味しいビールは、出来ればそのビールの雰囲気に合った、理想的な空間で飲みたいもの。日本ビアジャーナリスト協会代表、ビールの伝道師こと、藤原ヒロユキさんが、今月も美味しいビールをいただきながら、理想のビアバーについてあれこれ思案を巡らせます。単なる妄想なのか、それとも、実在する店なのか…夢とうつつを行き来する(?)、妄想ビアバー、開店します。

今月の妄想ビール… 『ORVAL』

ベルギーの修道院、オルヴァルから生まれるからビールの名前は『オルヴァル』。
敷地内にある「マチルドの泉」にはある伝説が。
歴史を遡って、1076年、この地を訪れた伯爵夫人が、亡き夫の結婚指輪をこの泉に落としてしまうがその指輪を鱒がくわえて上がってきた。喜んだ婦人が修道院の建設に資金を提供。
指輪が出てきたときに叫んだとされる「ここは黄金の谷!」から、フランス語で、ヴァレドオール、英語で言えばゴールデンヴァレーを意味するオルヴァルという名となった。
そんなロマンティックなおとぎ話を持つビールは、爽やかな入口から、一気に広がるドライなホップの強烈な酸味と苦み。
そこに甘みと果実味が絡み合う複雑さで、熟成させるとよりその複雑さが増してくる。
マチルドの泉が作り出す、物語とビール。そうなればやはり、藤原さんは、またあるお店のことを思い出したようで…

__

また、通いたくなるバーを見つけた。

と言っても、その店へちょくちょく通うことは……、残念ながら容易ではない。
なぜならば、その店はアメリカ中部の町の旧市街地を再開発したエリアにあるからだ。
かつて倉庫だった建物を利用しているその店の外壁は赤いレンガで、ひとつずつ微妙に色味が違い、角がすり減っている。長い年月が過ぎた証である。賑わった時代があり、さびれた時期が訪れ、いままた注目を浴びるエリアになった。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識