ワインのエキスパート、憧れの「ソムリエ」になるには?

ワインのエキスパート、憧れの「ソムリエ」になるには?
出典 : Mintybear/shutterstock.com

  • 更新日:

そもそもソムリエとは何をする人のこと?

ソムリエとはレストランやホテルなどで、ワインを仕入れてそれを管理し、ゲストの相談に応じてワインを選定、サーブする知識を持った専門職のこと。

最近では、ワインの説明はもちろん、好みの味や合わせる料理、シチュエーションに合わせたワインを選んでもらうなど、ソムリエに相談ができるレストランも多くなりました。ワインリストを見てもチンプンカンプン…という時は、臆することなく「こんな感じのワインが飲みたい」「予算はこれくらい」とソムリエに伝えましょう。そうやって初めて出会うワインを味わい、その説明を聞けば、一層食事の場がたのしくなることでしょう。

日本におけるソムリエの資格とは

一方、日本におけるソムリエとは、酒類ワインをはじめとする酒類、飲料、食全般の専門的知識・テイスティング能力をもったプロフェッショナルのこと。ワインなどの提供、適切な紹介とサービスを中心に、ソムリエの役割はカバー範囲の広いものです。

ソムリエは、一般社団法人日本ソムリエ協会が実施している「J.S.A.呼称資格認定試験」により取得できる呼称資格で、基本的な受験資格は以下の職務を通算3 年以上経験し、第一次試験日においても従事している方です。
①アルコール飲料を提供する飲食サービス
②ワイン・酒類飲料の仕入れ、管理、輸出入、流通、販売、教育機関講師、酒類製造
③アルコール飲料を取り扱うコンサルタント業務

また、職種、経験は不問で20歳以上なら誰でも受験できるワインエキスパートという資格もあります。
※いずれの資格も第一次試験日において年齢20 歳以上の方が対象。
※通称として既に様々な「○○○ソムリエ」として使用されていますが、厚生労働省の職業分類において正式な呼称とは呼べません。 
※全日本ソムリエ連盟(ANSA)が認定する「ワインコーディネーター/ソムリエ」は、一社)日本ソムリエ協会が認定するソムリエとは別の資格です。

BlueSkyImage/shutterstock.com

ソムリエになるための勉強には何が必要?

ソムリエ試験は、第1次試験から第3次試験まで、すべてに合格しなければなりません。第1次の筆記試験ではワイン概論、醸造、品種、各国の歴史、ワイン法、品種、銘柄はもちろん、日本酒、焼酎、ウィスキーやブランデー、スピリッツ、リキュール、ビール、ミネラルウォーターなどまで、ワイン以外をふくめ、あらゆる専門知識が問われます。

第2次のテイスティングでは、白ワインと赤ワインで計3種類、ブランデー、リキュールなどワイン以外の酒2種類、計5種類をテイスティング、コメントします。第3次では、レストランでの基本的なワインサービスを約10分間実演します。勉強方法としては、書籍やWEBなどを使って独学で勉強する、ワインスクールに通う方法のほか、通信講座などがあります。ちなみに、2017年度は5520人がソムリエ試験を受験し、1299人が合格しています(合格率23.5%)。

Africa Studio/shutterstock.com

「日本ソムリエ協会」の通信講座もある

「近くにワインスクールがない」「自分のペースで学びたい」という方には通信講座がおすすめです。

ソムリエを目指す人のための通信講座がたくさんありますが、日本ソムリエ協会が委託している唯一の通信講座は、産業能率大学のワイン資格受験コースです。ソムリエ、ワインエキスパート試験に求められる膨大な知識を効率よく学べる講座で、DVDとテキストで学び、書いて覚えるワークブック、試験問題集、産地のイメージが膨らむワインの地図帳など、学習をサポートする補助教材も充実しています。2次試験対策の解説ブックやテイスティング・ノートで、テイスティングの仕方から、味わいや香りを実際に言葉で表現する実践的なトレーニング方法も学べるそうです。

一般社団法人日本ソムリエ協会
産業能率大学のワイン資格受験コース

Africa Studio/shutterstock.com

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識