日本ビール検定(びあけん)過去問に挑戦!- 3級 -

日本ビール検定(びあけん)過去問に挑戦!- 3級 -

2017年9月24日に実施される「第6回 日本ビール検定(びあけん)」。試験対策として過去問をご紹介します!是非挑戦してみてください!

  • 更新日:

まずは3級に挑戦!

問1 日本の酒税法で定義されているビールの原料の組合せとして正しいものを、次の選択肢より選べ(2016年)

(a)麦芽・ホップ・水
(b)麦芽・ホップ・酵母
(c)大麦・ホップ・水
(d)大麦・ホップ・酵母

【正解】
 (a)麦芽・ホップ・水
【解説】
 日本の酒税法ではビールは下記のように定義されています。

次に掲げる酒類でアルコール分が20 度未満のものをいう。
イ 麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの
ロ 麦芽、ホップ、水及び麦その他の政令で定める物品を原料として発酵させたもの
(その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が麦芽の重量の100 分の50 を越えないものに限る。)

問2 エジプトで「ビールがピラミッドをつくった」といわれる理由として最も適切なものを、次の選択肢より選べ(2016年)

(a)ビールの税金で建設されたから
(b)ビール好きの国王が建設を命じたから
(c)労働者の疲労回復飲料としてビールが配給されたから
(d)石を運ぶ丸太の潤滑剤にビールが使われたから

【正解】
 (c)労働者の疲労回復飲料としてビールが配給されたから
【解説】
ろ過技術の未熟な古代のビールは、麦由来の糖類、酵母のビタミンやミネラルなどがたっぷり含まれており、疲労回復飲料の役割もありました。そのため、ピラミッド建造の労働者にも配給されていました。

問3 ビールびんの色に茶褐色や深緑色が多い理由として正しいものを、次の選択肢より選べ(2015年)

(a)ビールに日光臭がつくのを防ぐため
(b)ビールの苦味が弱くなるのを防ぐため
(c)ビールの炭酸ガスが抜けるのを防ぐため
(d)ビールの色が薄くなるのを防ぐため

【正解】
 (a)ビールに日光臭がつくのを防ぐため
【解説】
日光臭は、ビールが日光などの光にさらされることにより発生する不快なにおいです。日光臭発生の原因となる特定の光を遮断するためにビールびんの色は茶色や緑色になっています。ただし、完全に光を遮断することはできないため、直射日光下にビールを放置しないよう注意が必要です。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識