たのしいお酒.jp

お酒のことは、女子に聞け 酒女酒男会議

酒女酒男会議 総集編

#10 【編集部が振り返る酒女・酒男会議】酒女・酒男会議の総集編!お酒のあるライフスタイルの楽しみ方とは?

今回の女子飲みメンバー(編集部・酒女メンバー)

  • Aさん
  • Tさん
  • Hさん
  • Mさん
  • Uさん
今回は、総集編として、これまでの酒女・酒男会議を振り返ります。ストレス、お金、美容、インスタ……さまざまなテーマについて、酒女の視点で語りました。過去の盛り上がった話題や気になったテーマについてさらに掘り下げ、編集部女子が言いたい放題、あれこれ語ります。

赤羽や恵比寿などの横丁系酒場の魅力とは?

▲ スイーツに合わせたお酒を楽しみながら、座談会スタート!
Mさん
これまで一番印象に残っているのは、赤羽での「#7 オヤジ酒場の魅力を探る」かな。かなり飲ん兵衛なメンバーが集まったので、おもしろい酔っぱらいエピソードがたくさん聞けたと思う。
Tさん
あれは、盛りあがりましたね。大衆酒場に憧れる女子の気持ちとか、共感できる話も多かった。あと、オヤジが意外とかわいいなって思った(笑)。
Hさん
声をかけてきたり、お酒を奢ってくれるけど、終電で帰るし健全っていう(笑)。あと、みんな、オヤジ酒場では「イケメンとの出会いは期待していない」って言ってたのが印象的だった。イケメンはコリドー街や恵比寿横丁とかに多いっていう話も出たね。
Yさん
そういえば、私も恵比寿横丁で友だちと飲んでてナンパされちゃった。一緒にいた友だちは、声かけてきた人とその後付き合ってた。
▲ 恵比寿横丁には、よく飲みに行くというYさん。
Aさん
そんなこともあるんだね。最近、初めてゴールデン街に行って、すごく楽しかったよ!
Tさん
ゴールデン街って、小さいお店が多いし、お客さん同士がワイワイ話すって雰囲気あるよね。
▲ 時々カフェでこっそりビールを飲むというTさん。
Aさん
カウンターにお客さんがひしめくような感じで座って、誰かがギターを弾き始めたりとかね。
Hさん
お客さん同士のコミュニケーションも楽しいよね。私は、店長さんやスタッフと仲良くなって、お店が終わってから一緒に飲みに行くこともあるよ。
Mさん
前によく通ってた居酒屋も、お客さん同士の結婚が多かった。店長さんと結婚したお客さんもいたなぁ。夜遅い時間は近所の人しかいなくなるし、交流したい人にはいいよね。
Hさん
お酒を飲んでるときって、シラフのときより人との距離が縮まるのが早いしね。酔っぱらいの多いオヤジ居酒屋や横丁系は、気持ちもオープンになって、すぐに仲よくなれちゃうのかも。

女子会は「〇〇な男子」ネタで盛り上がる!

Hさん
都内の屋上BBQ場でやった「#2 夏のお酒の席で出会った◯◯な男性!」も普段の女子会に近い感じで、盛りあがったね。男性が無駄毛を手入れして、ほどよい毛量に調整してるって話が新鮮だった。
Mさん
毛深い男性については、許せる派と許せない派で意見が分かれたね。毛深い人ってどう? 上から下まで全部繋がってるとか、背中にも毛が生えてたりとか。
Aさん
うーん…。ボーボーに生えているよりは、手入れされてる方がいいかも。
▲ イケメンでも毛が濃すぎるとひいちゃうのが女性たちの本音・・・?
Yさん
胸毛はイヤだな。前の彼氏は、イケメンなのに、すごく毛深くて胸毛も生えてた。海外留学に行った時、その国の文化に合わせて毛を剃るようになったんだけど、向こうの文化に合わせて剃るのもなんかイヤだなと。もちろんそれだけじゃないけど、結局別れちゃった。
Hさん
毛の問題も、そうなると深刻だね。毛深い以外にも、これはイヤっていうのはある?
Tさん
私は、独特な話し方や食べ方の癖ってすっごい気になる。前にデートのとき、食後にお茶を「ズボーーー」って勢い良くすする人がいて、一気に気持ちが冷めた。
Mさん
食べ方が汚い人はイヤかも。あと、爪が伸びている人。小指だけ伸びているのを見ると、何に使うの? って思っちゃう。
▲ 「鞄とか、靴が汚い人もイヤですね」と手厳しいMさん。
Aさん
男性の服や髪型、仕草とか、すごく見ちゃう。洋服のセンスも大事。スーツはカッコイイのに、デートしたら私服がダサいとか、ちょっとイヤかも。
Yさん
逆に、ファッショナブルすぎる男の人も、ついていけない。
Tさん
すっごく尖った靴とかね。あと、高価な時計をつけて、大げさに時計を見る仕草でアピールをする人も。こっちが反応するまでやめないし(笑)。
Yさん
いる(笑)! 絶対聞かないし、気づかないフリする。
▲ 女子会での異性ネタは、言いたい放題に盛りあがる。
Mさん
タクシーの運転手さんやお店の店員さんに、横柄な態度の人はイヤだな。
Hさん
うっすら化粧してる男子とか、香水がきつすぎる人は苦手。男性も飲み会で「〇〇な女子最悪」、みたいな話をしてたりするのかな。ちょっとコワイけど聞いてみたい。

合コンや女子会、会社の上司と…飲み会のお金事情

Hさん
お金がテーマの「#3 酒女のリアルマネー事情」で、1カ月のお酒代について聞いたときに「ほとんど奢ってもらうから分からない」って言う酒女の話も衝撃でしたね。ある意味うらやましいけど。
Tさん
奢られて当たり前って思っている女子、いますよね。
Mさん
私の妹も、完全にそのタイプ。デートの前に「お財布持っていかなくていいかな?」って聞いてくる(笑)。でも、全額とまではいかなくても、合コンの割り勘ってイヤじゃない?
Yさん
普通は、女子が少なめの額になるよね。割り勘の時点で、恋愛には発展しなさそう。
Hさん
女性には絶対払わせないっていう男前な人たちもたまにいるね。年配の人や上司と飲みに行くときは、奢ってくれることが多いかな。
Tさん
私の先輩は、女性だけれど奢ってくれるよ。
Mさん
うちも男女関係なく、伝統的に先輩は後輩に奢るっていう感じ。
▲ お金に関する話で、それぞれの価値観が見えてくる。
Aさん
部署の雰囲気によっても違うね。女性同士だと完全に割り勘というほうが多いかも。
Mさん
女子会のとき、お金のことを気にしすぎる人っていない? メニュー見て「これ、美味しそうだけど、1000円もする!」とか。会計時に予想より金額がオーバーしていたときに、「今日はすごく贅沢した気持ちでいきましょう」って、何度も繰り返したり。
Hさん
お金のこと気にしすぎると、盛り下がるよね。だからといって、時価のものや他の人を気にせず高い飲み物ばっかりバンバン頼むっていうのも困るけど。
Tさん
空気が読めないっていうのが、ダメなんだろうね。お金のこと以外でも、同級生なのに異様にお姉さんぶる人とか苦手。
▲ 女性同士の付き合いにもマナーは大事。
Mさん
合コンの席で、昔、泥酔したときの話とか、言われたくないことを暴露する人もなぁ(笑)。
Hさん
今それを言わんでもっていう(笑)。お金の価値観問題もだけど、けっこう大事なポイントでしたね。

筋肉よりお金より、自信満々で男らしい人はモテる

Hさん
唯一の酒男会議「#4 男らしい筋肉の鍛え方」も印象的だった。でも、ムキムキの筋肉って、女性には不人気なんだね。
Yさん
ストイックすぎるとちょっと…。でも、ゴリゴリじゃなければいいかな。
Aさん
やや筋肉あるくらいがいい。マラソンやってる人とか。
Mさん
細マッチョは、ニーズあるよね。
Hさん
細マッチョのための大会(ベストボディ)もあるって言ってたね。フィジークとか、そんなに細かく種類が分かれているなんて知らなかった。
Mさん
ジムのトレーナーが集客のために大会に出るって話を聞いたんだけど、集中して身体を鍛えると、男性の狩猟本能が強くなるらしい。だから鍛えてる人には女性好きな人が多いって聞いた。
Tさん
座談会でも、「モテたいから体鍛えはじめた」って言ってたし。鍛えることで男としての自信がつくって話もあるよね。筋肉がつきすぎると逆に敬遠されるっていうのが残念だけど…。
▲ 自分に自信のある人は、男女問わずカッコいい。
Hさん
筋肉食堂の店長(谷川)さんが、年をとったら筋肉じゃなく、お金持ちがモテるって言ってたのも忘れられない。やっぱり、お金のある男性がいい?
Yさん
それは、ないよりはあった方がいいよね。ケチな人は問題外として。
Aさん
それで決めるってことはないけど、現実的にはるある方がいい。
Tさん
結局、体型や経済状況に関係なく、自分に自信をもって堂々としてる人が、モテるよね。

お酒のあるライフスタイルを楽しもう!

Hさん
他にもいろんな女子会があったけど、恋愛以外で盛りあがったネタといえばなんだろう?
Mさん
おいしいもの話とか?
Tさん
お店でおいしそうな料理がでてきたときって、気分があがりますよね。チーズがトローッととろけたら絶対動画で撮っちゃう。「#9 インスタ女子会」もそういう意味では、女子が盛り上がるキーワードだったかも。
Hさん
みんな、インスタにアップする料理の写真、すごい真剣に撮ってたね。
Mさん
アプリとか技術的な話も好きだよね。
Aさん
自撮りをきれいに撮ってくれる盛り顔アプリとか、今って別人みたいに撮れるからほんとすごい。
Hさん
今日のお酒やスイーツもおいしい! 甘いものとお酒の組み合わせって「#1 ストレスとの付き合い方」を思い出す。
▲ 甘いものとお酒のコンビは、女子に大人気!
Aさん
ほんと! この微発泡ワイン(ロンディーヌ マスカット)は、甘くて美味しい。甘いお菓子(ヌーベル・ガミー・ショコラティエ クロッカンショコラ)とも一緒に楽しめる。
Mさん
マスカットの甘さがすごく女性向きだね。
▲ 甘口微発泡ワイン「ロンディーヌ マスカット」は乾杯におすすめのお酒。
Yさん
私は、この白ワイン(ロゴダジ シャルドネ・ヴィルメンティーノ)のスッキリと上品な感じが好み。
Hさん
ブルガリアのワインって、ちょっと珍しいかも。
Tさん
この赤ワイン(ロゴダジ カベルネソーヴィニョン・カベルネフラン・メルロー)も適度な渋みがあって、チョコ(カカオ80%チョコレート アサイー&ブルーベリー)にも合う。
▲ 左から「ロンディーヌ マスカット」、「ロゴダジ シャルドネ・ヴィルメンティーノ」、「ロゴダジ カベルネソーヴィニョン・カベルネフラン・メルロー」。
Hさん
これまでもいろんなお酒も紹介してきたけど、お酒を楽しんで飲む酒女って、好奇心旺盛で元気な人が多いなって感じた。みんなにとってお酒って、どんなもの?
Aさん
お酒を飲むことは、大切なコミュニケーションの場のひとつかな。緊張がほぐれてリラックスできるっていう感覚が大きいかも。
Tさん
何かが始まるときや終わるとき、つらいときや楽しいときとか、節目節目にお酒を飲みたくなるなぁ。仕事の打ち上げとかね。節目にお酒を飲むことで、より親密になれるしね。
Hさん
私は、お酒を飲みはじめてから、料理がより美味しく感じられるようになったかも。昔はジャンクフード好きだったのに、美味しいお酒を飲むようになって和食の美味しさに目覚めた。
Yさん
私はストレス発散かな。ストレスが溜まると友だちと飲みに行く。お酒を飲んで、喋ったり騒いだりすると、次の日はスッキリ!
Mさん
毎日の気持ちの切り替えポイントって感じ。仕事が終わって家に帰る前にお酒を飲む場を挟むと、ホッと一息つけるみたいな。「お疲れ、自分!」って言いたい(笑)。あと、わだかまりがあっても、飲んで話すことで仲直りするきっかけになるっていうのもあるね。
 
Hさん
ストレスを和らげたり、会社の人間関係や友人、家族とのコミュニケーションもスムーズになるし、食欲の増進にもなる。お酒の効能はいろいろだけど。やはり我々にとって、なくてはならないものってことが分かったかも!
 

※お酒は楽しく適量で。

《紹介したお酒》

ロンディーヌ
マスカットワイン
750ml
ロゴダジ
シャルドネ・
ヴェルメンティーノ
750ml
ロゴダジ
カベルネソーヴィニョン・
カベルネフラン・メルロー
750ml

《紹介したおつまみ》

マキシム・ド・パリ
クロッカンショコラ
5個
マキシム・ド・パリ
ティラミスショコラ
50g
ROYAL BEAUTY
カカオ80%チョコレート
アサイー&ブルーベリー
80g
ROYAL BEAUTY
カカオ80%チョコレート
ザクロ&クランベリー
80g
ROYAL BEAUTY
果実のキレイビスケット
43g