たのしいお酒.jp

我らお酒にひと言あり 六酒仙、かく語りき

武田梨奈の、飲みたい、酔いたい、語りたい♥

「嗜む程度です」なんて、日頃はおとなしく振舞っていても
女にだって自ら飲みたい夜があり、自ら酔いたい夜がある。
でもって、そんな夜はいろいろ語りたいこともあるわけで。
武田梨奈、女の子とお酒をテーマに、ゆるゆる飲みつつ語ります。

  • facebook
  • twitter
Vol.9 「“もらってうれしいお酒の贈り物”とは?」

前回にひきつづき、舞台はおうちでの飲み会。あいかわらず寒い日がつづくし、お家でぬくぬくしながら、みんなでゆるゆる、お酒片手に他愛もない話をしていることって、心地いいですよね。盛り上がるトピックはいろいろあるんですけど、今回とくに白熱したのは、「もらってうれしい。あげてたのしい。お酒の贈り物」について。

クリスマスにお正月、バレンタインにつづいて、ホワイトデー。冬は贈り物を考える機会が多くて、悩みますよね。贈る相手の喜ぶ顔を思い浮かべると、わくわくするんですけど、お店を転々と巡りながら、ああでもないこうでもないって、結局なにも決まらないまま時間が過ぎていったりする。

じゃあ、私がもらってうれしい贈り物ってどんなものだろう。自分では買わないようなもの? 実用的なもの?
食べることが好きだから、食べものでもうれしいな。そしてお酒なら、う~ん…。

いろいろ考えたけれど、

結論としては…、何をもらってもうれしいです!はい(笑)。

たとえば、私のことを考えて選んでくれたもの。そう考えるだけで、胸がきゅーんとしちゃいます。逆に、贈ってくれた人が好きなもの、興味を持っているもの。これもうれしい。「自分の趣味で選んじゃったんだけど」というのも、なんだかその人のことを知れるようで嬉しいです。

そう、大事なのは、モノそのものよりも、その背景なんだと思う。なぜその贈り物を選んでくれたのか、とか、込められたエピソードとか。背景に隠れたストーリーがみえると、喜びが倍増すると思います。

サッカー好きの人におすすめ!
大切な人のハートを掴む赤ワイン

今回お勧めして頂いた赤ワインは「イニエスタ コラソン・ロコ ティント」。
コラソン・ロコとは、スペイン語で「熱狂的な心」っていう意味が含められてるんですって!

じつはこのワイン、スペインのサッカー選手、バルセロナで活躍しているアンドレス・イニエスタ選手が所有するワイナリーで作られているもの。イニエスタ選手は地元の経済活性化や雇用を増やすために、ワイン造りやレストラン事業をおこなっていて、『イニエスタ コラソン・ロコ ティント』はその一環で作られたワインなんですって。ラベルに描かれた、幾重にも重なったハートマークは、イニエスタ選手の大きな故郷愛のしるし。素敵なストーリーを持つワインだから、愛を伝える贈り物にもおすすめです。今日は親愛なる友人たちと一緒に飲めて幸せでした。

こんな風に、贈り物に込められた意味を知るだけで、興味がわいて、飲んだときの美味しさも増すと思いませんか!? 私自身、贈り物を渡す時には、ただ「はい!」って渡すだけじゃなくて、そのプレゼントを選んだ理由をひと言添えて渡すようにしています。

▲ 名前の通り、心が温かくなってくるような、やさしい味のワインです。

「カンパーイ!」
コラソン・ロコは、見た目はフレッシュなイメージですが、飲んでみるとしっかりした果実の味わい。時間が経つほどにまろやかな口当たりになってくるので、ゆっくり、のんびり飲めますよ。生ハムやチーズなどのおつまみ系との相性もよく、家飲みにもぴったり!

▲ ワインが進むにつれて、テンションも上がってきます

最後に、私が思う、お酒の贈り物を持ちよっての、家飲みのいいところ。それは時間を気にせずに飲めること。そして酔っ払っても家であることの安心感。気兼ねなく一晩中おしゃべりできるから、レストランや居酒屋をハシゴするより、おトクに感じちゃいます。だから贈り物にするなら、そんな雰囲気に合ったお酒にしたいと思いますし、そういうものをお持ちいただけたら嬉しいなあ。

余談ですが、そのとき、おつまみを自分で作れたらいいな、と思っています。友だちが来た時に、パパッと作れたらかっこいいし、それがせっかくもってきてくれた贈り物に対するお礼になればいいな。というわけで、料理の勉強もがんばります!

「パパッと作れるおつまみ」▼

  • ボデガ・イニエスタ

    イニエスタ・コラソン・
    ロコ・ティント

    750ml

    詳細はこちら
  • facebook
  • twitter
武田梨奈

たけだ・りな 神奈川県横浜市出身。6歳から女優を志す。10歳からはじめた空手は、琉球少林流空手道月心会の黒帯二段という腕前。その特技もあって主演を掴みとった映画『ハイキック・ガール』などで評価を集め、その後、映画、CM、ドラマなどに数多く出演。’15年ロサンゼルス日本映画祭では最優秀主演女優賞。BSジャパンとテレビ東京で放送されたドラマ『ワカコ酒』で主演を務めたことをきっかけにお酒にハマる。最近のマイブームはもっぱらひとり飲み。