たのしいお酒.jp

我らお酒にひと言あり 六酒仙、かく語りき

武田梨奈の、飲みたい、酔いたい、語りたい♥

「嗜む程度です」なんて、日頃はおとなしく振舞っていても
女にだって自ら飲みたい夜があり、自ら酔いたい夜がある。
でもって、そんな夜はいろいろ語りたいこともあるわけで。
武田梨奈、女の子とお酒をテーマに、ゆるゆる飲みつつ語ります。

  • facebook
  • twitter
受けるべき?断るべき? 男性からの、“さし飲み”のお誘い。

お酒って、すごく気分を楽しくしてくれるものだけど、飲む環境や相手によって、意外といろいろどうしたらいいの?って悩むことがあるもので。しかも、その悩みごとって男性か、女性かによって違いますし、年齢によっても結構違ってくると思うんです。

私のような、お酒を飲み始めてまだ間もない20代の女子には、20代の女子ならではの悩みごとがあるもので、例えば男性から二人で飲みに行こうよ、って誘われたりっていうのも、え、じゃあどうしよう!って考えちゃうテーマの一つですよね。

私個人としては、誘ってくれた人に恋愛感情ではなくても人として好意を抱いているのであれば、さし飲みのお誘い、受けてしまってもいいんじゃない? って思います。飲みに行こうよ、って、「お酒を飲む」って目的があるのがいいと思うんです。いきなりふたりっきりで食事のお誘いっていうとなんだか、テーブルで向かい合わせに座って妙に畏まってしまうんじゃないかとも思うし。そういう意味では、飲み屋さんでカウンター席に座る方が気が楽だと思うんです。特にその方と初めて飲みに行く場合だとなおさら。

はじめてのさし飲みは、絶対カウンター席!?

以前、飲み屋さんで仲良くなっていろいろ話をしたおじさま達が「女性を飲みに誘うなら一軒目は絶対カウンター席だよ」って話をしていて「そうそう、わかる!」って私も思ったんです。ふたりきりってシチュエーションだと男性も女性もお互い緊張するし、話したい事も話せなくなっちゃう。でもカウンターなら、2人とも前を向いて飲んでいるのが自然なので、多少会話が続かなくても気まずくないですしね。

それに、店員さんやバーテンダーさんにきさくに話しかけられるようなお店なら3人で会話することもできるし、最初はぎこちなくても飲んでいるうちに自然と緊張がほぐれてくるのかなって。それに、カウンターで並んでいた方が相手との距離が物理的に近くなる訳で、お互いのちょっとした仕草や身のこなし方に思わずグッときたり、相手の意外な一面が見えたり…。だから、カウンターでのさし飲みは互いの関係性を深めるのに一番適していると思うんです。仕事上の付き合いでも、さし飲みによってその後のコミュニケーションがうまく行ったりするかもしれませんよ。

いきなりのさし飲みより、女の子はワンクッションほしいもの

そうは言いつつも、私自身の話となると、知り合って間もない男性に飲みに誘われたら、警戒しちゃってあまり飲めないかもしれない(笑)。そういう時に緊張をほぐそうと「もっと飲もうよ」って誘って貰っても、それはちょっと違うのかなって。

私も含めてですけど、女の子の多くはやっぱりいきなりさし飲みってなったら、ちょっと緊張しちゃいますよね。そんなときは、私だったら「じゃあ友達も誘っていいですか?」って言っちゃうことが多いです。それって、決して相手の方と2人で飲みたくないってわけじゃないんです。
仮に仕事仲間だったり、以前から知っている方でも、飲んでいる時の姿って普段とは結構印象が違ったりしますよね。女の子的には最初は何人かと一緒に飲む中で、誘ってくれたその人の事を色々観察したいはず。

そうやって最初はみんなとの飲み会で相手の方を観察して、その上で「気が合いそう」となれば、次回改めてさし飲みに誘ってくださいって言えると思います。女の子にとっては、そうやってワンクッション置くのは大切な過程なんですね。

料理の充実したお店なら、目の前のお皿が緊張をほぐしてくれる。

ワンクッション置きたい、とかそういうのは一旦抜きにして、私がもしさし飲みに誘われたら、お酒と一緒に食事も楽しめるお店に行きたいですね。簡単なおつまみしかないバーよりも、今日撮影しているような料理やお酒のメニューが充実しているバルで、このしっかりした赤ワインとパテみたいに、ちゃんとお料理とお酒のマリアージュも考えながら何品かオーダーして「おいしいね!」って言いながら2人で楽しく食べて飲むのが理想なんです。

最初はやっぱり緊張もあると思うので、そういう時に目の前のお皿がその間を取り持ってくれるのかなって。もちろん、飲み方や食べ方ってその人の人となりが表れるので、そういう部分も見てみたいですね。

さし飲みは、いい勉強の場!ガードが硬すぎるのももったいない。

あと、女の子の心理としては、いくら飲みの席で話が盛り上がっても、夜11時あたりになると帰りの事が気になりだすもの。でも女の子の側からはなかなか言いにくいじゃないですか。だから、遅い時間帯になったらその微妙な心理をちゃんと把握した上で「そろそろ電車の時間大丈夫?」とか「もう遅いから帰ろうか」ってさりげなく言ってくれる男性がいいですね。

飲みの場だからこそ、そういう気遣いをしてくれると相手への好感度がアップします。女の子から男性への気遣いももちろん、異性相手に気を使いながら飲むさし飲みは、いい飲み方の勉強の場なのかもしれないですね。

かといって、ガードが硬すぎるのももったいないような気もします。私、飲んでいる時に男性にいい意味での「隙」を見せられる女性に憧れているんです。決して変な意味ではなく、酔っ払ってもあくまで自然な感じで男性に甘えられたり、スマートに男性とさし飲みできる人。

今の私は飲んでも男性の前ではあまり酔っ払った姿を見せたくない、ってついブレーキをかけてしまうので、その部分でもう少し“大人の飲み方”が出来るようになりたいなって。それって、女性としてはもちろん、女優として役作りの上でも大きな武器になると思うんです。

さし飲みする男性は、私よりもお酒に詳しくていろんなウンチクを教えてくれる方でもいいし、私のようにただ酒場の雰囲気やひとり飲みが好き、という方でも一緒に楽しめるはず。要は、女性と2人だからといって変に気取ったりするのではなく、あくまで自然体で飲める方だとこちらも緊張しないし、安心して飲めると思います。

もしかしたら、男性の中には女性とのさし飲みを必要以上に意識してしまう方がいるかもしれないですけど、友達関係でも男女のさし飲みは成立するので、もっと肩の力を抜いてもいいんじゃないかなって。

地元によく遊ぶ女友達と男友達がいて、3人でよく飲みに行くんですけど、女の子の方が忙しくて来れない時でも、もう一人の男の子と私でさし飲みしますもん。そういう時ってかなりぶっちゃけトークになるんです。でもその中で私は微妙な男心を聞けるし、向こうにしても「そういう時って、女の子はどう思っているのかな?」なんて女心を知ることができる。

そういう点もさし飲みのいいところですよね。付き合いが長い間柄でも普段よりも腹を割って話せるというか…。私、たまにお父さんともさし飲みしますよ(笑)。そういう時は、家では話さないことも話せちゃったりしますしね。

ということで、私、仲良しの人とのさし飲みはすごくいいと思うんです。同世代の女の子たちにもおすすめします。かしこまりすぎずに、自然体で、カウンターで、が私の理想です。

  • ルイスフェリペエドワーズ

    ルイスフェリペエドワーズ
    カベルネソーヴィニョン

    750ml

    詳細はこちら
  • 今回撮影にご協力いただいたお店…

    FINE’S BAR

    東京都千代田区外神田6-14-9
    TEL:03-6806-0451
    営業時間:月〜木11:30-23:30
    金11:30-24:00
    土15:00-23:00
    日13:00-21:00

  • facebook
  • twitter
武田梨奈

たけだ・りな 神奈川県横浜市出身。6歳から女優を志す。10歳からはじめた空手は、琉球少林流空手道月心会の黒帯二段という腕前。その特技もあって主演を掴みとった映画『ハイキック・ガール』などで評価を集め、その後、映画、CM、ドラマなどに数多く出演。’15年ロサンゼルス日本映画祭では最優秀主演女優賞。BSジャパンとテレビ東京で放送されたドラマ『ワカコ酒』で主演を務めたことをきっかけにお酒にハマる。最近のマイブームはもっぱらひとり飲み。