たのしいお酒.jp

我らお酒にひと言あり 六酒仙、かく語りき

太田光代の、今月のマリアージュ。

ゆっくりおうちでワインや日本酒を楽しむ幸せは、他の何ものにも代えがたい。おうちで、自分のペースで飲むお酒だから、自分好みの音楽に合わせて、自分好みの映画とともに、自分好みの飲み方で、楽しめるのがいいところ。そんなくつろぎ時間のお酒の楽しみ方を、太田光代さんがナビゲート。さて太田さん、今月は、何に合わせて頂きましょう?

  • facebook
  • twitter
「大人のバレンタインの楽しみ方」

お酒を贈り物する。とても素敵だと思います。
もうすぐ、バレンタインデー、ホワイトデーもやってきますね。
今回は、恋の季節、感謝の季節に贈りたい、そして一緒にお相手とたのしみたいお酒として、
見た目も素敵なスパークリングワインをご紹介します。

お酒を贈るときって、お酒そのものにもこだわりたいですし、同時に、贈り方にもこだわりたいな、って思います。どうやって贈ろうかな? と考えているときってなんだかわくわくします。

バレンタインデーの季節になると思い出すことがあります。若い頃に新宿の駅ビルの酒屋さんでバイトをしていたときのこと。当時、そのお店では2月にあまりお酒が売れていませんでした。そこでウィスキーのミニチュアボトルをボックスセットにして販売するというアイデアを出したところ、それがうけたんです。場所柄、新宿の「ママさん」たちがお客さんへのプレゼントに使っていただいたようですね。最初は「箱代も高いし、売れ残ったら光代ちゃんのせいだからね」なんて冗談とも本気ともつかないことを言っていた店長も喜んでくれました。

ただ、そのあと、調子に乗ってホワイトデーに女性用の下着をセットにしたものを考えたんですが、これは不発。今考えればハンカチ程度にしておけばよかったなぁ(苦笑)。思い出話はこのあたりにして、スパークリングワインを開けましょう。

今回のスパークリングワインはスペインのカバ。名門ワイナリーの「セグラヴューダス」の最高峰クラスである「ブルート レゼルバ エレダード」。ゆっくりと広がるフルーティさを味わえるワインですので極端に冷やしすぎないほうがいいですね。しっかりとした味ですけど、口当たりはとてもやわらかです。

贈り物に泡があうなあと思うのはやはり華やかさ。グラスの中で立ちのぼる泡を見ているだけで豊かな気持ちになりますから。その上、この「ブルート レゼルバ エレダード」はボックスにもボトルにも大人っぽい落ち着きがあります。重厚に見えるボトルは間近で見るととてもエレガント。はずしてアクセサリーにしたいぐらい。そうだ! このままこのボトルにバラを挿してみたらかっこいいと思いません? ワインとチョコレートの組み合わせもいいですけれど、花とお酒の組み合わせはより大人っぽくて好きですね。

私が経営している花屋ではフラワーバレンタインを提唱しています。その際にお酒とお花の組み合わせも素敵ですよね。お酒との組み合わせを希望されるお客様にはお酒を持参いただいてアレンジさせていただいています。お花で使ってもらいたいなというのが「伊予のバラ」。私はお花の中でもバラが特に好きなんですけど、このバラは大阪の市場では出ているのですが、東京では入手困難なため、直接、交渉しています。

女性から男性はもちろんですが、もともとの風習のように、男性から女性に花を添えて気持ちを伝えるのもいいですよね。華やかで大人の雰囲気たっぷりの上質なスパークリングワインとお花。よいバレンタインデー、そしてギフトの場面をたのしんでくださいね。

  • セグラヴューダス

    ブルート レゼルバ エレダード

    750ml

    2006年度世界最優秀ワイナリー賞を受賞した名門がおくる最上級カバ。
    「エレダード=継承」の名の通りすべての工程を手作業で行うなど、
    ワイナリーが培ってきた哲学、匠を脈々と受け継いだ逸品です。

    詳細はこちら
  • facebook
  • twitter
太田光代

おおた・みつよ 東京都出身。芸能事務所『タイタン』社長、タレント。雑誌モデルを経て、タレントとして活動。90年、爆笑問題の太田光さんと結婚。93年、芸能事務所『タイタン』を設立し、社長に就任、爆笑問題ほか、多数の芸人、タレントをマネージメントする傍ら、自身もTV出演、ワインや日本酒のプロデュース、店舗経営、著書執筆など幅広い領域で活躍する。主な著書に、『私が「にんぎょひめ」だったころ』(集英社インターナショナル)、『独走』(KINOBOOKS)など。