冬の定番にしたい香り高いホットウイスキー

冬の定番にしたい香り高いホットウイスキー

  • 更新日:

ホットウイスキーってどんなもの?

寒い時期に飲むホットウイスキーは、体も心もじんわり温まる幸せな飲み物。お店や家で飲むほかに、秋冬のBBQやキャンプなどにもぴったりです。キャンプでたき火を囲みながらホットウイスキーで温まるのも、この季節のたのしい過ごし方です。

ウイスキーの香りは温めることで芳醇さが強まる傾向にあります。もちろん、ストレートやロックでも香りはたのしめますが、温かいグラスから立ち上る香りは、個性的なウイスキーの香りをより際立たせます。

おいしいホットウイスキーを作ろう!

Kati Finell/ Shutterstock.com

ホットウイスキーの作り方はとっても簡単です。

まずは、耐熱グラスを用意してください。グラスにお湯を入れあらかじめ温めておいたグラスに、グラスの3分の1~4分の1ほどウイスキーを注ぎます。ウイスキーの倍量または、3倍ほどのお湯を注ぎます。お湯の分量はお好みで。最後にマドラーで軽くかきまぜて完成です。

このままでもおいしいのですが、ここにレモンやオレンジなどの柑橘系をトッピングしたり、シナモンスティックやクローブなどのスパイス、ジャムやドライアップルなどを加えたりしてもおいしく飲めます。お湯は、80度くらいが目安です。

ホットが似合うウイスキー

Liv friis-larsen/ Shutterstock.com

ホットウイスキーはどんなウイスキーでもおいしく作れますが、初めてホットウイスキーを試す人は、バーボンウイスキーで作るのはいかがでしょうか?

バーボンウイスキーは原料にトウモロコシを使い、内側を焦がしたオーク材の樽で熟成しているウイスキー。バニラやキャラメルのようなバーボン特有の甘い香りがお湯で割ることで、ふんわりとやさしく香ります。

また、コーヒーにウイスキーを加えて飲むアイリッシュ・コーヒーに使われるアイシッリュ・ウイスキーでも試してみたいもの。ただ、ウイスキー好きな人にはお湯や水で割るのはもったいない、と言われてしまうかもしれませんね。

今年の冬は、ぜひ、おうちでホットウイスキーをたのしんでください。

関連情報