米と酵母をいじめて鍛え抜いた極上の純米大吟醸

米と酵母をいじめて鍛え抜いた極上の純米大吟醸

  • 更新日:

世界最先端テクノロジー×日本代表杜氏による新商品「蓬莱 超ドS」

奥深い日本酒の世界に、新たな名品が誕生しました。伝統と手造りを重視し、原材料や醸造技術にとことんこだわり続ける岐阜県飛騨市「渡辺酒造店」の新商品「蓬莱 超ドS」は、製法もコストも超サディスティックな純米大吟醸です。

「渡辺酒造店」の9代目・渡邉久憲氏は、今までにない官能的な繊細さとおいしさを造るべく、理想的な考え方に基づき精緻な酒造りを行っています。創業147年目を迎えた同酒造店では、さらなる技術研鑚や人材育成、伝統文化の伝承、海外販売に挑戦し、海外の酒類コンクールでも多数の賞を受賞しています。

「蓬莱 超ドS」は、兵庫県三木地区で収穫された特等米「山田錦」を、心白のみをクリスタル球体のように削り出す最新精米機NF20「ダイヤモンドロール」で約150時間かけて18%まで精米。一意専心で醸した醪を古式酒造法の「木綿しぼり」で低温抽出し、理想的な早瓶火入れと零度で低温貯蔵を施しました。

米と酵母をいじめて、いじめて、鍛え抜かれた純米大吟醸は、繊細で上品な味わいが特徴です。デリケートなお酒なので、6度以下の低温管理が必須。冷蔵庫から出して約10分、12℃くらいからゆっくりと温度が上がるごとに広がる香りと旨味の変化をたのしみましょう。

【商品情報】

「蓬莱 超ドS」
分類:純米大吟醸
精米歩合:18%、アルコール分:16%
使用米:兵庫県特A地区 特等山田錦
内容量:720ml
価格:10,000円(税別)
発売日:2017年9月6日(水)

関連情報