ワインやカクテルとたのしむ具材入りオリーブ

ワインやカクテルとたのしむ具材入りオリーブ

  • 更新日:

ギリシャ産オリーブにアーモンドやペッパーがぎっしり

ワインやカクテルのおつまみとして定番のオリーブ。オリーブは種の周りにオイルが集まっているため、種付きのオリーブが人気ですが、種の処理に困ることから種抜きのオリーブにも需要があります。ただ、種抜きのオリーブは種とともに一番おいしい分の果肉が取り除かれているため、味や食べ応えに少し物足りなさがあるのも事実です。そこで考案されたのが、種を抜いた後の穴に具材を詰めた「スタッフドオリーブ」。欧米では手軽に食べられるおつまみとして、ワインやカクテルなどのつけ合わせの定番となっています。

現在、日本のスーパーなどで売られている「スタッフドオリーブ」は外国産の瓶詰や缶詰が主流ですが、この秋発売となったシェリーズの「スタッフドオリーブ」は、ギリシャで塩水漬けにされたオリーブを樽のまま冷蔵コンテナで輸入し、日本国内で塩抜きしてから殺菌工程を加え、最終的な製品に仕上げています。

使用しているオリーブは、ギリシャ産ハルキディキ種の大粒のグリーンオリーブ。中に詰めた具材として「アーモンド」、「ガーリック」、「ペッパー」、「ピメント(赤ピーマン)」の4種がラインナップされています。透明の容器に入って中身が分かりやすく、しかも余分な塩水が入っていないので、食卓ではもちろん、アウトドアでもたのしみやすいのが魅力です。具材のラインナップも豊富なので、お酒の種類に合わせてお気に入りの味を選びたいですね。

【商品情報】

「スタッフドオリーブ」
ラインナップ:アーモンド、ガーリック、ペッパー、ピメント 
容量:各50g
価格:300円(税別)
販売元:シェリーズ
ホームページ:http://www.shelleys.co.jp/

関連情報